1. TOP
  2. 研修情報を探す
  3. 愛知県厚生農業協同組合連合会 豊田厚生病院 豊田厚生病院臨床研修プログラム
愛知県厚生農業協同組合連合会 豊田厚生病院

市中病院

愛知県厚生農業協同組合連合会 豊田厚生病院

とよたこうせいびょういん

豊田厚生病院臨床研修プログラム

病院の早見表はこちら!

  • 指導医数(2020年度時点)

    84名

  • 初期研修医(2020年度時点)

    28名

    卒後1年次 16名

    卒後2年次 12名

  • 給与

    卒後1年次(月給/年収)
    月給 310,000円/年収 4,800,000円

    卒後2年次(月給/年収)
    月給 360,000円/年収 5,760,000円

    詳細はこちら

  • 当直回数

    1年次 4回/月
    2年次 4回/月

採用関連情報

  • 病院見学実施日

    随時

  • 採用予定人数

    13名

  • 昨年度の受験者数

    50名

  • 試験日程

    2020年8月7日(金)、8月21日(金)、8月28日(金)

この研修プログラムの特徴

当院は西三河北部医療圏の基幹病院としての役割を果たしている、606床の総合病院である。ヘリポートを有する救命救急センター、地域中核災害医療センター、地域がん診療拠点病院、地域医療支援病院の指定を受けており、臨床研修病院、専門医研修施設、各学会の教育指定病院、日本病院機能評価認定病院に認定されている。救急車の搬送数が年間約7,900例と多く、地域の医療機関等と連携し、紹介率も70%を超える。初期臨床研修病院として、経験できる症例は豊富である。1年目に、救急研修、整形外科、脳神経外科の3部門を救急部門としてローテートし、さらに麻酔科・小児科を研修することで、救命救急医療が不安なく対処できるようにしている。また、臨床検査技術科・病理診断科のローテートも必修とし、各科ローテート中では不十分になりがちな、検査の実施方法の修得、超音波診断の実践方法を集中して学習している。

研修病院タイプ
基幹型
URL

http://toyota.jaaikosei.or.jp/

こだわりポイント

  • 症例数が多い

    各科、研修に必要とされている症例が充実

  • 福利厚生が充実

    隣接の医師寮25,000円 安い、広い、綺麗と研修医から好評。独立した研修医室・研修医専用の当直室有

  • on off がハッキリ

    各科の垣根無く、やるときはやる、遊ぶ時は遊ぶがモットー

  • 救急充実

    救命救急センター・災害拠点病院として、症例が積めます。

豊田厚生病院臨床研修プログラム全ての科に症例がバランスよくあり、プライマリ・ケア研修にはベストな病院です。

4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月
1年次内科(16週)麻酔科(4週)外科(8週)救急(4週)救急(整形外科)(4週)救急(脳神経外科)(4週)小児科(4週)臨床検査科・病理診断科(4週)
2年次内科(8週)産婦人科(4週)地域医療(4週)精神科(4週)外科(4週)地域保健(1週)選択
  1. 1年次
  1. 4月
  2. 5月
  3. 6月
  4. 7月
  5. 8月
  6. 9月
  7. 10月
  8. 11月
  9. 12月
  10. 1月
  11. 2月
  12. 3月

内科(16週)

麻酔科(4週)

外科(8週)

救急(4週)

救急(整形外科)(4週)

救急(脳神経外科)(4週)

小児科(4週)

臨床検査科・病理診断科(4週)

  1. 2年次
  1. 4月
  2. 5月
  3. 6月
  4. 7月
  5. 8月
  6. 9月
  7. 10月
  8. 11月
  9. 12月
  10. 1月
  11. 2月
  12. 3月

内科(8週)

産婦人科(4週)

地域医療(4週)

精神科(4週)

外科(4週)

地域保健(1週)

選択

スケジュールを

*地域保健は豊田市保健所で1週間

研修環境について

在籍指導医(2020年度時点)
合計 84名

主な出身大学
昭和大学, 信州大学, 金沢大学, 福井大学, 福井医科大学, 浜松医科大学, 名古屋大学, 名古屋市立大学, 愛知医科大学, 藤田医科大学, 三重大学, 岐阜大学, 奈良県立医科大学, 広島大学, 山口大学, 香川大学, 福岡大学

■指導医の主な出身大学
名古屋大、名古屋市大、愛知医大、藤田保健衛生大、三重大、岐阜大、金沢大、広島大、香川大、山口大、昭和大、川崎医大、島根大、奈良県立医大、日本医大、浜松医大、福岡大、福井医大、金沢大
在籍初期研修医(2020年度時点)
合計 28名

卒後1年次の初期研修医数
16名(男性 10名:女性 6名)
主な出身大学
名古屋大学, 名古屋市立大学, 愛知医科大学, 弘前大学, 三重大学

卒後2年次の初期研修医数
12名(男性 8名:女性 4名)
主な出身大学
名古屋大学, 名古屋市立大学, 愛知医科大学, 新潟大学, 信州大学, 徳島大学

在籍専攻医・後期研修医(2020年度時点)
合計 39名(男性 25名:女性 14名)

当直体制
対応医師数
研修医 4名、研修医以外の当直医 5名
開始時期
1年次5月(4月オリエンテーション終了後の翌週から5月連休期間までは「補助直」、5月連休後は「副当直」として研修する)

カンファレンスについて
ローテートする科の症例検討会、抄読会、CPA症例検討会、CPC、研修医ミーティング、早朝勉強会
協力型施設
足助病院、みよし市民病院、豊田西病院、南豊田病院、豊田市保健所
研修修了後の進路
プログラム修了後は希望する専門科の状況に応じて、常勤医になることができ、後期専攻医カリキュラムに従い、更に専門的研修を続けることができる。
関連大学医局
浜松医科大学, 名古屋大学, 名古屋市立大学, 愛知医科大学, 藤田医科大学

給与・処遇について

給与
卒後1年次(月給/年収)
月給 310,000円/年収 4,800,000円
卒後2年次(月給/年収)
月給 360,000円/年収 5,760,000円

<給与>
※基本手当とは別に日当直他を支給する
<賞与>
1年次 1,080,000円
2年次 1,440,000円
医師賠償責任保険
任意
宿舎・住宅
あり
(単身者のみ)
社会保険
組合健康保険、厚生年金保険、労災保険、雇用保険あり
福利厚生
健康診断・ワクチン接種あり。職員旅行あり。
学会補助
あり

年1学会年会費病院負担。
年2学会遠距離発表参加費・年1学会遠距離参加費 病院負担
当直回数
1年次 4回/月
2年次 4回/月

病院見学・採用試験について

病院見学
病院見学実施日
随時

詳しくは当院ホームページをご覧ください。
試験・採用
試験日程
2020年8月7日(金)、8月21日(金)、8月28日(金)
選考方法
面接、筆記、小論文
採用予定人数
13名

■選考方法:面接、小論文、医学英文読解
昨年度の受験者数
50名
応募関連
応募書類
臨床研修医採用試験申込書(所定様式)当院ホームページよりダウンロード可能

応募締切
試験日の1週間前
応募連絡先
総務課 臨床研修担当
TEL:0565-43-5000
E-mailrin-ken@toyota.jaaikosei.or.jp

医学生の方へメッセージ

  • 研修医2年次岩田 恵輔
  • 出身大学:名古屋大学

当院の研修生活の特徴は指導体制が整っていることにあります。救急外来では、問診・診察・オーダーの出し方など、最初はすべて上級医の先生が教えてくださります。また救急外来や病棟での手技に関しても、上級医の先生に丁寧に教えて頂くことができます。ローテート中に学会発表などの機会を与えてくださる科も多く、研修医の時期から積極的に発表を行っている人も多いです。病院全体で研修医を育てていこうという姿勢があり、医師だけでなく、看護師や検査技師などの多くのコ・メディカルの方々にもわからないことを教えて頂く機会が多いです。そのため雰囲気もよく、楽しんで研修生活を送ることができます。学生の皆さんにはぜひ病院見学に来ていただき、当院の雰囲気を感じて頂ければと思います。

アットホームな雰囲気のなか、最善の医療を学ぶ

  • プログラム責任者/副院長兼臨床研修部長兼入退院支援センター長兼血管外科部長水野 敬輔
  • 出身大学:名古屋大学

当院は人口42万人の豊田市の中核病院として急性期医療を担っています。初期研修では医師として最初に学ぶべきプライマリケアを習得、実践するプログラムとなっています。研修医には自ら考え、実行するよう指導していますが、研修医が孤立し困らないような指導体制が確立されています。また、一学年には15人前後の研修医がいるので、身体的、精神的に無理のない研修生活を送ることができます。研修医の意欲、実力に応じ、指導医のもと検査や手術手技の実践も行っています。また、研修医同士の仲が良いだけでなく、当院での研修を終えた上級医が多く在籍しているため、先輩後輩の関係は非常に良好です。また、診療科の垣根が低く相談しやすいこと、コメディカルが非常に勤勉で協力的であることなどストレスなく仕事を覚えていける環境です。若い世代に知識・技術および医師としての在り方を教えていくことを我々の使命と考えています。是非当院に見学に来ていただき、雰囲気を感じていただければと思います。

さらにメッセージを見る

充実したメンバーによるプライマリ・ケア指導

  • 副プログラム責任者/血液浄化センター長兼腎臓内科代表部長倉田 久嗣
  • 出身大学:名古屋大学

当院は新しい臨床研修制度が始まる以前からローテート研修に取り組んでおり、新制度以降は毎年12~14名の研修医に来ていただいています。良い研修医に恵まれ、指導する者としてたいへんありがたく思っています。昨今の社会事情から、病院に求められる医療レベルがとても高くなっています。それは研修医がかかわる救急医療においても同様です。当院は決して診療依頼を断らない方針ですので、夜間の当直業務はそれなりに過酷です。当直での救急体制は、1年次研修医1名、2年次研修医1名(夜間22時までは各2名体制)、後期専攻医1名、内科系医師1名に加えて、外科系医師1名、ICU/CCU当直1名も常駐しています。充実した指導体制で、プライマリ・ケアの実践と修得が可能です。なお、初期研修修了後も、毎年大半の研修医が後期専攻医として病院に残ってくれています。

中核市に新築された高機能病院で実りある研修をしてみませんか

  • 病院長川口 鎮
  • 出身大学:名古屋大学

豊田厚生病院は2008年1月1日、愛知県厚生連の病院として旧加茂病院から新築移転し愛知県豊田市浄水駅前に開院しました。病床数は606床であり、救命救急センター、地域中核災害医療センター、地域がん診療連携拠点病院、地域医療支援病院の指定を受け、西三河北部医療圏の基幹病院として多くの患者様から期待をされています。地元住民の強い熱意により1947年に加茂病院として発足して以来60年の歴史があり、地域の皆様の健康を守り、安心の医療を提供すべく日夜診療に励んでいます。医師と看護師及びコメディカルとの情報共有によりチーム医療を推進しております。新築に際し、ゆったりとした療養環境を建物の中に盛り込み、環境にも優しい屋上庭園や遊歩道を併設しております。職員が働きやすいように患者様と交錯しないスタッフ通路の確保、休憩室や職員食堂の整備を行い職員用駐車場も豊富に用意しました。さらにワンルームマンションタイプで研修医優先の医師住宅45戸、看護師住宅100戸を備え、平日24時間対応の保育所を併設しています。看護師養成のための加茂看護専門学校も隣接地に併設しております。元気な愛知県の中でも特に元気な豊田市に位置し、伸び伸びと研修ができる環境です。指導医の84%が指導医講習を受講済みであり、初期研修に続く後期研修では、専門医の資格を持つ優秀な指導医が熱意を持って指導しています。多くの研修医の応募を期待しています。

この病院の見学体験記

プログラム名を選択してください0件プログラムが登録されています
ブックマークを行うにはログインが必要です

気になる病院・研修プログラムはどんどんブックマークして、
あとから見返して比較したり、必要なときに行動できるようにしておこう!
このサイト上から資料請求や問合せが可能です。

まだ民間医局レジナビ会員でない方はこちら