静岡市立静岡病院
  • 市中病院

静岡市立静岡病院

しずおかしりつしずおかびょういん

画像 見学体験記 1件

【新専門医制度】静岡市立静岡病院 外科専門研修プログラム 矢印他の研修プログラム

ブックマークボタン
この病院をブックマーク
矢印 見学申矢印 資料請求矢印
Image thumb f32085b2465fd0e23fca
Image thumb f11f6e0e3e5f5ebf711a
Image thumb 9d9976c7aa4622a29be5
駿府城公園より静岡病院、坤櫓を臨む
■ 病院情報ここをチェック!
指導医数
(2020年度時点)
16名
在籍研修医数
(2020年度時点)
卒後3年次の在籍研修医数
2名
当直回数 3回/月
■ 採用関連情報
病院見学実施日
随時
採用予定人数 5名
試験応募締切日
試験日の3日前
試験日程
随時(応相談)。日本専門医機構の採用スケジュールに準じて、最終試験日を設定

専門研修・サブスペシャルティ

診療科:外科

基幹施設/連携施設
基幹施設
基幹施設: 静岡市立静岡病院静岡市立静岡病院
連携施設
静岡市立清水病院地方独立行政法人 静岡県立病院機構 静岡県立こども病院、市立島田市民病院、浜松労災病院
ローテーションスケジュール
ローテーション・スケジュールを見るアイコン
サブスペシャルティ
○専攻医の将来志望に応じて、消化器・乳腺外科重点コース、呼吸器外科重点コース、心臓血管外科重点コースを設置し、コース別に募集することにより、希望するサブスペシャルティ領域の症例を数多く経験できるよう配慮します。将来志望が定まっていない場合は、消化器・乳腺外科重点コースで受け入れ、志望が定まった段階で、希望に応じてローテーションの変更を考慮します。
○専門研修3年目では、チーム医療において責任を持って診療にあたり、後進の指導にも参画し、リーダーシップを発揮して、外科の実践的知識・技能の習得により、様々な外科疾患へ対応する力量を養うことを目標とします。カリキュラムを習得したと認められる専攻医には、積極的にサブスペシャルティ領域専門医資格の取得に向けた技能研修へ進みます。
 (具体例)
 ・消化器・乳腺外科重点コース:静岡病院を含む2~3病院で研修します。
 ・呼吸器外科重点コース:静岡病院と市立島田市民病院の2病院での研修か、静岡市立清水病院か浜松労災病院のいずれかの病院を含む3病院で研修します。
 ・心臓血管外科重点コース:静岡病院と浜松労災病院の2病院での研修か、静岡市立清水病院か市立島田市民病院のいずれかの病院を含む3病院で研修します。

この研修プログラムの特徴

1. 豊富な症例数
グループ全体で年間4,500例を越える手術を行っており、本プログラムに対しても、年間2,000例以上の手術数を割り当てています。消化器外科・心臓血管外科・呼吸器外科・小児外科・乳腺外科の各分野の手術数が確保されており、研修には恵まれた環境です。
2. 専門性の高い指導陣
消化器外科専門医、心臓血管外科専門医、呼吸器外科専門医、乳腺専門医といったサブスペシャリティーの専門医のみならず、内視鏡外科技術認定医、食道外科専門医、肝胆膵外科高度技能指導医、不整脈専門医、血管内治療専門医など、より専門性の高い指導医が在籍し、指導にあたります。
3. 重点コースを設置
専攻医の将来の志望に柔軟に対応したローテーションを組むことにより、将来のサブスペシャリティー研修につながる研修となります。
4. コンパクトな病院群
多数の連携先を抱えるプログラムと異なり、応募時点で研修先がある程度はっきりとしているため、研修先配属に関する不安がありません。
5. 総合病院の強み
研修病院はすべて総合病院で、ほとんどの診療科を揃えており、合併症をもった手術症例にも対応可能で、研修に適しています。
6. 地域での研修
異なる複数の医療圏で研修することにより、我が国の医療の現状を体感しつつ、研修できます。

URL

■ こだわりポイント

  • 症例数が多い
  • 積極的に手技ができる
  • 指導体制が充実
  • 施設設備が充実

■ 静岡市立静岡病院外科専門研修プログラムスケジュール (例:外科・消化器外科) 

消化器合同カンファレンス
術前カンファレンス
化学療法カンファレンス/M&Mカンファレンス
病棟カンファレンス
消化器キャンサーボード
午前
病棟回診務/手術/(外来業務:週1回)
病棟回診務/手術/(外来業務:週1回)
病棟回診務/手術/(外来業務:週1回)
病棟業務
病棟回診務/手術/(外来業務:週1回)
午後
病棟業務
病棟業務
病棟業務
病棟総合回診
病棟業務
夕方
内視鏡外科カンファレンス
静岡病診がんカンファレンス(最終水曜)
勉強会/乳がんキャンサーボード
※外科・消化器外科の一例です。(診療科によって異なります)

研修環境について

責任者
診療部長  前田 賢人
責任者の出身大学
京都大学
当科病床数
92床
当科医師数
24.0名
当科平均外来患者数
131.0名/日
当科平均入院患者数
79.0名/日
在籍指導医
(2020年度時点)
16名
主な出身大学 浜松医科大学,京都大学,神戸大学,徳島大学

※当科病床数、医師数、外来・入院患者数は、外科・消化器外科、呼吸器外科、心臓血管外科の3科合計を表記しています。
専攻医・後期研修医
(2020年度時点)
合計 5名

卒後3年次の専攻医・後期研修医数
2名 (男性 2名:女性 0名)
主な出身大学三重大学,広島大学

卒後4年次の専攻医・後期研修医数
2名 (男性 2名:女性 0名)
主な出身大学日本大学,金沢医科大学

卒後5年次の専攻医・後期研修医数
1名 (男性 1名:女性 -名)
主な出身大学浜松医科大学

研修後の進路
当プログラム施設群で引き続きサブスペシャルティあるいは外科関連領域の研修、他施設でのサブスペシャルティ研修、大学院進学、センター病院などの専門施設での研修等
関連大学医局
浜松医科大学,京都大学

給与・処遇について

給与
月額平均 1,060,000円程度程度(当院での研修時の支給参考例。当直料・手当等を含んだ2018年度専攻医の平均額、時間外勤務時間により異なる)
その他:賞与、住居手当あり
※連携施設での研修時は当該施設の規定により支給されます。
医師賠償責任保険
勤務医賠償責任保険包括方式加入、個人加入は任意
宿舎・住宅
あり
住宅補助 37,500円/月
宿舎 7,500円/月

住居手当の対象は月額10,500円を超える場合で、支給上限は37,500円

社会保険
あり
福利厚生
雇用保険、労災保険、公的健康保険、厚生年金保険
学会補助
あり

年1回の自由参加に加え、発表者及び座長、幹事会等への補助あり
当直回数
3回/月

病院見学・採用試験について

病院見学
病院見学実施日
随時
当直・救急見学:なし
見学時交通費補助:なし

原則、平日日中のみの見学受入
試験・採用
試験日程
随時(応相談)。日本専門医機構の採用スケジュールに準じて、最終試験日を設定
選考方法
面接
採用予定人数
5名
昨年度(旧制度)の受験者数
-名

平成29年度1名 平成30年度2名 令和元年度2名
応募関連
応募書類
1.後期臨床研修申込書(当院指定の様式)
2.履歴書(当院指定の様式)
3.臨床研修修了(見込)証明書(様式は任意)
4.推薦状(現在所属の施設長、又は所属長(あるいは教育研修管理部門の長)による。様式は任意)
5.医師免許証(写)

応募締切
試験日の3日前
応募連絡先
教育研修管理センター 佐藤
TEL:054-253-3125
E-mail:kouki-kensyu@shizuokahospital.jp

研修医の方へメッセージ

診療部長、消化器総合センター 副センター長 前田 賢人 出身大学 : 京都大学
次世代を担う優れた若手外科医の育成が本プログラムの理念です。消化器外科、心臓血管外科、呼吸器外科、小児外科、乳腺外科のいずれの領域も豊富な症例が確保され、専門性の高い指導陣が多く在籍しています。外科医としての第一歩をスタートさせるに申し分のない環境ではないかと自負しています。
静岡市立静岡病院
ブックマークボタン
この病院をブックマーク
矢印 見学申矢印 資料請求矢印