マッチングまでの道のり ~中級編~

step1現場の人と会って、話(質問)をしよう

レジナビフェアに行って現場で働いている人と話してみよう

レジナビフェアに行って実際に話を聞くと印象が全く変わる場合も。
もっと知りたい!と思える病院を見つけましょう。
その場で見学申し込みも可!

フェア

step2フェアで、もっと知りたい!と思った病院を実際に見に行こう

10施設を目標に見学に行きましょう!レジナビWebの病院ページやMyレジナビから見学の申し込みができます!

レジナビWebの病院ページから申し込んで見学に行こう!

レジナビWebの病院ページからダイレクトに見学を申し込めば、
問い合わせのメール文もテンプレートされていてとても便利です。
大学名と名前を記入する部分は●になっているので、
そのまま送らないように注意して!

見学で現場の雰囲気を体感しよう

最初の病院見学は、思っていた質問ができなかったり、
想像していなかった事態が起きたりして
なかなかうまくいかないことがほとんど・・・
少し高い目標ですが、10施設を目指して見学に行ってみましょう!
回を重ねるごとに、自分がどんなポイントに注目して
病院を見ているのかがわかってきますよ!

病院の方より
資料請求をしてくださった方が見学のお申し込みをされると、大学名・お名前は憶えていることが多いです。
また、レジナビフェアの度にブースに来て下さる医学生の方には、やはり熱意を感じますね。

情報を病院ごとに整理しよう

病院見学で気づいたポイントや気になった点を、チェックシートをダウンロードして書き込んでみよう!
※チェックシートは、準備期間ページにあるものと同じです。
記入例を見ながら、自分が気になったポイントをピックアップしてみてくださいね。

※チェックシートのダウンロードには会員ログインが必要です

goal自分の「軸(希望条件)」を見つけよう

チェックシートを利用して、気になったポイントや見学時に気付いたよかった点・悪かった点などを視覚化することで、なんとなくぼんやりと頭の中にあった情報が整理されて、研修先選びの「軸(希望条件)」を見つけやすくなりますよ!

ワンポイントアドバイス

見学時には自己アピールも大事!
マッチングは、皆さんと病院側とがそれぞれ指名してマッチング成立となります。
フェアや見学で病院の方と会わなければ、病院は皆さんを認識していないということ。
マッチングで自分の名前を指名してもらえるように、病院にしっかりと覚えてもらうことが大切です!

病院見学のトリセツ」や「みんなの見学体験記」を見て予習してから見学に挑みましょう!