社会医療法人 将道会総合南東北病院
  • 市中病院

社会医療法人 将道会総合南東北病院

そうごうみなみとうほくびょういん

画像 見学体験記 2件

総合南東北病院後期研修プログラム

ブックマークボタン
この病院をブックマーク
矢印 見学申矢印 資料請求矢印
Image thumb 3b6a6aa628457b7b7a21
外科 腹腔鏡手術
Image thumb 3107f9a4ae40008b4a9d
脳神経外科指導医
■ 病院情報ここをチェック!
在籍研修医数
(2016年度時点)
卒後3年次の在籍研修医数
1名
給与 卒後3年次(月給/年収)
月給 650,000円/年収 -円
当直回数 3回/月
■ 採用関連情報
病院見学実施日
随時受け付けております
採用予定人数 5名
試験応募締切日
随時受け付けております
試験日程
随時受け付けております

この研修プログラムの特徴

・脳神経外科
 当院は60年12月1日の病院開設より、脳神経外科を標榜し、現在日本脳神経外科学会脳神経外科専門医10名後期研修医1名計11名が在籍しています。
 日本脳神経外科学会専門医研修プログラム研修施設、日本脊髄外科学会認定訓練施設、日本脳卒中学会認定研修教育病院になっており、日本脊髄外科学会専門医3名
 (うち2名が指導医)が常勤し、脳神経外科領域の中でもより専門性の高い分野への対応も行っています。脳卒中、頭部外傷などの救急はもとより、脊髄脊椎疾患、
 脳腫瘍、炎症性疾患まで幅広い疾患を経験することが可能です。昨年度は、450件の手術件数となっています。
・外科
 一般外科で取り扱う疾患は大きく分けて、癌、良性疾患、外傷です。当院外科の平成25年度の手術件数は400件以上に及び、悪性腫瘍に対する手術も多くありま
 し た。本年はさらに増加傾向にあり、外科医1人あたりの年間手術件数は120例を超えています。このように当院では豊富な手術症例を通して、後期研修の目標
 を確実な手術手技の習得に置いています。さらに大切なことは手術適応を考慮に入れた外科診断学であり、高性能の画像診断機器を駆使し、確実な診断と外科治療
 の両立を目指しています。 一方、救急部門も充実しており、外科救急の診断から治療までの一連の流れを実際の症例を体験することによって、研修医として身に
 けることができます。今日の外科医に求められているものは、患者の立場に視点をおきつつ安定した手技による手術成績の提供です。後期研修では臨床重視の立場
 をさらに明確にし、癌、良性疾患、外傷などをバランスよく研修していただき、そうすることによって外科医としての基礎を習得し、現代社会に通用する医師になる
 ことを切に願っています。
・麻酔科・救急科
 麻酔、重症患者の管理、救急医療、疼痛管理を通じて、呼吸・循環・代謝で代表される生理機能を理解し、薬理学的な知識に基づいた診断・治療法および麻酔関連領
 域の幅広い知識・理論・技術を修得します。専門医の習得はもとより、学位の習得を目標としています。
・循環器科
 研修中の日常診療は指導医、中堅医師および後期研修医全員で行うことを基本としています。大型チームではないが、互いに連絡を密にして診療を行っているため、 症例毎の問題を早期に解決することができるシステムとなっています。外来・病棟での診療に加えてカテーテル室での技術習得にも力を入れています。これは地域で 将来独り立ちして活躍できる若手医師が、出現することを期待しているからです。後期研修医がカテーテル検査・カテーテル手術(PCI、PTA)・ペースメーカー手 術等のオペレーターを多く経験できるような体制をとっています。また、エコー検査については特定の研修時間を設定し集中的に研修できるシステムとしています。 学会活動も重要であることから、カンファランス・抄読会を多く設定しています。研修終了時には、病歴・理学所見などの基礎的診療技術に加えてカテーテル治療も 含めた高度な治療技術の取得がなされ、将来循環器内科領域で十分な活躍ができる医師が養成される研修プログラムとなっています。
・消化器科
 当院の消化器診療研修では、指導医・専門医である上級医師の指導のもと十分な内視鏡件数を経験できるのが特徴です。年間の内視鏡検査件数は、上部消化管内視鏡 が約2,800件、大腸内視鏡約1,400件、ERCP約110件となっており、検査内視鏡・治療内視鏡とも年々増加の一途をたどっています。その他悪性疾患、良性疾患、救 急診療などもバランスよく経験できます。研修終了時には消化器診療全般にわたり責任を持って診療できる知識・能力を身につけ、これをもとに学会発表・論文作成 できるレベルに到達することを目標としています。

URL

■ こだわりポイント

  • 関連病院が多い
  • 福利厚生が充実
  • 積極的に手技ができる
  • 指導体制が充実

研修環境について

責任者
院長 松島忠夫
責任者の出身大学
群馬大学
専攻医・後期研修医
(2016年度時点)
合計 1名

卒後3年次の専攻医・後期研修医数
1名 (男性 1名:女性 -名)
主な出身大学獨協医科大学

卒後4年次の専攻医・後期研修医数
-名 (男性 -名:女性 -名)

卒後5年次の専攻医・後期研修医数
-名 (男性 -名:女性 -名)

給与・処遇について

給与
卒後3年次(月給/年収)
月給 650,000円/年収 -円
卒後4年次(月給/年収)
月給 720,000円/年収 -円

当直手当、通勤手当、緊急呼出手当、住宅手当別途支給
医師賠償責任保険
病院、個人とも病院で加入
宿舎・住宅
あり
宿舎 70,000円/月

借上げ宿舎(上限70,000円)

社会保険
全国健康保険協会、厚生年金、労災保険、雇用保険
福利厚生
福利厚生倶楽部入会
学会補助
あり

当直回数
3回/月

当直回数は、2~3回/月
当直料
30,000円/回

平日30,000円/回、土日祝40,000円/回
休日・有給
4週7休制

病院見学・採用試験について

病院見学
病院見学実施日
随時受け付けております
当直・救急見学:あり
見学時交通費補助:あり

試験・採用
試験日程
随時受け付けております
選考方法
面接
採用予定人数
5名

採用予定人数は、各科1名
昨年度(旧制度)の受験者数
1名

応募関連
応募書類
履歴書、医師免許書

応募締切
随時受け付けております
応募連絡先
臨床研修担当 白石久美
TEL:0223-23-3151
E-mail:dr@minamitohoku.jp
社会医療法人 将道会総合南東北病院
ブックマークボタン
この病院をブックマーク
矢印 見学申矢印 資料請求矢印