1. TOP
  2. 研修情報を探す
  3. 戸田中央総合病院 戸田中央総合病院内科専攻医プログラム
戸田中央総合病院

市中病院

戸田中央総合病院

とだちゅうおうそうごうびょういん

レジナビBook臨床研修版

戸田中央総合病院内科専攻医プログラム

病院の早見表はこちら!

  • 指導医数(2017年度時点)

    15名

  • 在籍研修医数(2017年度時点)

    3名

    卒後3年次 1名

    卒後5年次 2名

  • 給与

    詳細はこちら

  • 当直回数

    月数回

採用関連情報

  • 病院見学実施日

    随時

  • 採用予定人数

    4人

  • 試験応募締切日

    一次:2017年10月1日~2017年11月15日
    二次:2017年12月16日~2018年1月15日

  • 試験日程

    2017年10月1日~2017年11月15日

専門研修・サブスペシャルティ

診察科内科
基幹施設/連携施設
基幹施設

基幹施設: 戸田中央総合病院
連携施設
医療法人社団武蔵野会新座志木中央総合病院TMGあさか医療センター医療法人社団 愛友会 上尾中央総合病院、医療法人社団東光会西東京中央総合病院 医療法人刀水会齋藤記念病院

診療科情報

診療加盟病床数医師数指導医数平均外来患者数平均入院患者数
内科49床6名2名153名/日72名/日

内科

病床数医師数指導医数平均
外来患者数
平均
入院患者数
49床6名2名153名/日72名/日

その他の診療科情報はこちら

この研修プログラムの特徴

  戸田中央医科グループでは、初期臨床研修修了者を対象に、希望する診療科について基礎医学の修得並びに専門医育成のための後期研修プログラムを用意している。研修課程には、複数のグループ病院において幅広い分野の専門研修が受けられるアドバンスドコースと、グループ内の各病院において専門領域の研修を集中的に受けられるインテンシブプログラムがあり、このいずれかを選択することが可能である。このほかに、後期研修修了に相当する学識経験(臨床経験5年以上)を有し、認定医や専門医資格の取得を希望する医師を対象とした専門医研修がある。

こだわりポイント

  • 症例数が多い

  • 積極的に手技ができる

  • 指導体制が充実

  • 施設設備が充実

研修環境について

責任者
石丸 新・特任顧問
責任者の出身大学
東京医科大学
当科病床数
492床
当科医師数
116.0名
当科平均外来患者数
1308.7名/日
当科平均入院患者数
381.7名/日
在籍指導医(2017年度時点)
15名

主な出身大学
東京医科大学, 東京女子医科大学

専攻医・後期研修医(2017年度時点)
合計 3名

卒後3年次の専攻医・後期研修医数
1名(女性 1名)
主な出身大学
東京女子医科大学

卒後5年次の専攻医・後期研修医数
2名(男性 2名)
主な出身大学
帝京大学, 東京医科大学

研修修了後の進路
戸田中央医科グループ他院でも就職可。
関連大学医局
順天堂大学, 東京医科大学, 東京女子医科大学

給与・処遇について

給与
グループ規定による
医師賠償責任保険
任意加入
宿舎・住宅
あり
社会保険
組合健康保険、厚生年金保険、労働災害保険
学会補助
あり
当直回数
月数回

病院見学・採用試験について

病院見学
病院見学実施日
随時
見学時交通費補助:なし

予約制
試験・採用
試験日程
2017年10月1日~2017年11月15日
選考方法
面接、その他
採用予定人数
4人

■募集科目:内科、病理診断科
応募関連
応募書類
医師免許証(写し)、履歴書、初期研修修了(見込み)証明書、健康診断書、推薦状

応募締切
一次:2017年10月1日~2017年11月15日
二次:2017年12月16日~2018年1月15日
応募連絡先
戸田中央総合病院 専攻研修担当 尾田
TEL:048-442-1111
E-mailrinsyou-kensyu@chuobyoin.or.jp

研修医の方へメッセージ

  • 特任顧問石丸 新
  • 出身大学:東京医科大学

 当院は1962年8月に29床の戸田中央病院を前身として設立し、これまで地域住民の信頼と支持を得て発展してきた。現在では492床の急性期医療を中心とした総合病院となり、戸田市のみならず埼玉県南部保険医療圏の基幹病院として重要な役割を果たしている。
 また、1都4県に27病院を有する戸田中央医科グループの中枢として、積極的に医療の質の向上に取り組むと共に、患者本位の医療サービスを提供することを心がけており、日本医療機能評価の認定などの第三者評価を得ている。
 さらに、県内屈指の腎移殖件数に加え、高度最新医療機器の導入も積極的に行っており、2012年12月には埼玉県初となるダ・ヴインチサージカルシステムの導入、2014年12月にD館を竣工させ内視鏡センターをオープンさせ、ERCP等の内視鏡的治療も盛んに行われている。また、県内に数施設しかない緩和医療病棟も有し、2015年4月より地域がん診療連携拠点病院の認定を得ている。

更新日:2021/05/18

この病院の見学体験記

プログラム名を選択してください1件プログラムが登録されています
ブックマークを行うにはログインが必要です

気になる病院・研修プログラムはどんどんブックマークして、
あとから見返して比較したり、必要なときに行動できるようにしておこう!
このサイト上から資料請求や問合せが可能です。

まだ民間医局レジナビ会員でない方はこちら