病院情報のチェックポイント

研修医数・出身大学

研修医数ってどうなってるの?

臨床研修病院には研修医数についての指定基準が定められています。

研修医数についての指定基準

原則として、研修医数は
病床数÷10以下 または
年間入院患者数÷100以下

※この場合の研修医の数とは、当該病院において受け入れている
全ての研修医(1年次・2年次の合計)の人数

指導医1人が指導を受け持つ研修医は、
5人までとする。

研修プログラムごとに
2人以上の研修医を毎年継続して
受け入れることができる体制であること。

(出典:厚生労働省「医師法第16条の2第1項に規定する臨床研修に関する省令の施行について」)

どこに着目したらいいの?

point.1
どんな「先輩」がいるのか? はここで把握!
「屋根瓦式」教育環境なら
年齢の近い先輩研修医がいる!

指導医クラスの先生よりも、年齢の近い先輩研修医のほうが、何かと質問や相談をしやすいですよね!
実際の教育体制については見学時などに確かめておきましょう。

イラスト
研修医の出身大学

先輩がいるからという理由でその病院に興味を持つという人も多いです。「研修医の出身大学」に注目して病院を探してみると、視野が広がるかもしれません。
また、研修医が全国の大学から集まっているのか、特定のエリアや大学に偏っているかで、受験者層や採用の傾向も見えてきます。

イラスト
研修医の男女比

特に女性は気になるポイントかもしれません。
同性の同期や先輩がいると、心強いですね!

イラスト
point.2
研修医の定員数ってどれくらい?
病院規模と平均定員数 を把握!