見学体験記

東京都

杏林大学医学部付属病院

公開: 2018/05/09
投稿者:イルカさん
  • 初期研修
関連タグ
  • 病院見学
  • 採用試験
総合評価
5.0
  • 病院設備:

    5

  • 研修医との関わり:

    5

  • 指導医・上級医との関係:

    -

  • コメディカルとの関係:

    -

※5段階評価

見学時の補助
■食事補助あり
教授がご馳走して下さりました。
見学の病院を選んだきっかけ
同期の人数も多く、大学の延長線のような楽しい雰囲気であるとレジナビフェアにて研修医の先生よりお伺いしたため。また、外部の大学からでもなじめる雰囲気であると聞いた。もう一点は、試験内容が国試回数別から出題されるため、勉強になると思った。
見学当日のスケジュール(見学した診療科等)
<1日目 皮膚科>
午前中:外来見学のみ
昼食:医局の方々と一緒に食事。
たくさんお話を伺えた。
午後:再び外来見学。
皮膚生検などの手技も見た。
強い・おすすめの科
■皮膚科
■眼科
見学の注意点
駅からとても遠い。三鷹駅から病院まで一本道であり、タクシーで行くにしてもバスで行くにしても余裕をもって30分はかかると見たほうがいい。ちなみに渋滞していることが多く、タクシーでは2500円前後かかる。
病院・設備について
電子カルテの使用:あり
5段階評価(1=悪い・5=良い):5

とても広大な土地で、病院内がとても綺麗。特に研修医室は個々の部屋があり綺麗であるため、当直も苦ではなさそう。見学の時は、当直室も見ることをお勧めします。
人間関係・雰囲気について
研修医と関われたか→はい
研修医同士(5段階評価):5

研修医の方々は皆親切で親身になってくださる。また医学知識についても解説してくださる。
病院のお勧めポイント
大学のような大勢で和気藹々とやりたい人におすすめ。忙しくしたい人は忙しく、楽にしたい人は楽にできるそう。また研修医の2年目は選択科目を取れるが、ほぼ希望が通るという利点がある(マイナー科志望の人は早めに回るべきなので)。特徴は、大学間の隔壁なし。今年から試験問題の改変があったため、注意が必要である。
見学全体を通しての感想
典型的な私立大学病院で、教授を筆頭に医局員がいる様子。3次救急ということもあり大規模病院で、多くの人々が出入りしている。少し休憩やリラックスしたい場合は緑がおいしげる敷地内のベンチで一息つくことができる。研修医室が確保されているのも魅力的であった。(1人1つのデスクあり)
試験内容
■面接
学生1人: 面接官2人
履歴書に書いてある内容、大学での活動、自分の長所と短所、今までで一番感動したこと、今までで一番失望したことなど
■筆記
面接より試験重視と聞いたものの、面接は20分ほどじっくり聞かれ、質問内容についてさらに突っ込んだ質問を受けた。笑顔ありの面接ではなかった。
■その他
去年まで国試3年分の臨床問題→今年から大幅に改変!QBの臨床問題から幅広く出題されていた。

あなたへのおススメ

エリアが同じ
  • 初期研修
順天堂大学医学部附属練馬病院
東京都

平均評価:4.6

体験記:2

病床数が近い
  • 初期研修
社会福祉法人 聖隷福祉事業団 総合病院 聖隷三方原病院
静岡県

平均評価:4.7

体験記:3

平均救急数が近い
  • 初期研修
八戸市立市民病院
青森県

平均評価:4.8

体験記:4

エリアが同じ
  • 初期研修
医療法人財団荻窪病院
東京都

平均評価:4.8

体験記:1

年収が近い
  • 初期研修
社会医療法人 愛仁会千船病院
大阪府

平均評価:4.8

体験記:5

病床数が近い
  • 初期研修
兵庫医科大学病院
兵庫県

平均評価:4.2

体験記:2