後期・専門研修特集 2017

ついに新専門医制度が2018年4月よりスタート!
10月10日のプログラム登録に向け、レジナビWebの「後期・専門研修特集」で
自分にぴったりの研修先を探しましょう♪

★☆★☆ Information ★☆★☆
2017/11/13
内科・外科・麻酔科に小倉記念病院の募集情報が追加されました。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

19の基本領域から選ぶ(基幹施設・連携施設)

総合診療科

秩父市立病院

秩父市立病院

秩父地域の中核病院として、内科、外科、脳神経外科、整形外科、泌尿器科、循環器内科、消化器内科、小児科等を担い、2次救急輪番制病院として救急医療の提供も行っている。2014年度には日本内科学会教育関連施設に認定され、内科分野を中心に総合診療を地域で実践できる医師の育成に力を入れている。

基幹型プログラム名
総合診療専門医養成プログラム「ちちぶ」
連携施設
国民健康保険町立小鹿野中央病院、秩父生協病院、南須原医院
秩父病院、皆野病院、眼科並木医院、井上皮膚科医院、酒井耳鼻咽喉科医院、
岩田産婦人科医院、自治医科大学附属さいたま医療センター
採用試験日程
一次募集:2017年11月26日(日)
二次募集:2018年1月16日以降
試験情報
試験実施日:2017年11月26日(日)
面接の有無:有
質問内容等:未公開
筆記試験の有無:無
筆記試験内容:
小論文の有無:有
小論文のテーマ・文字数等:未公開
交通費・宿泊費等の補助
交通費等の補助は無し
問い合わせ先
【 部署・担当者 】 臨床研修管理室 本峯、岩崎
【 TEL 】 0494-23-0611
【 FAX 】 0494-23-0650
【 Email 】 byoin@city.chichibu.lg.jp

医療法人徳洲会 札幌徳洲会病院

医療法人徳洲会 札幌徳洲会病院

「世界に羽ばたく、整形外科医・総合診療医・内科医」
重度四肢外傷に対して高いレベルの医療を提供する機能再建型の整形外科外傷センター、世界に視野を向けて活動を推進している総合診療科(プライマリセンター)や内科は、北海道内の大学病院等との連携を中心として少数精鋭の専攻医を育成する専門研修プログラムです!

基幹型プログラム名
総合診療科専門研修プログラム
連携施設
おおあさクリニック、大曲ファミリークリニック、松前町立松前病院、江別市立病院、共愛会病院、静仁会静内病院
採用試験日程
1次募集:平成29年10月10日~平成29年11月15日
2次募集:平成29年12月16日~平成30年1月15日
※見学等と合わせて随時対応致しますので、お問い合わせください。
試験情報
試験実施日:随時
面接の有無:有
筆記試験の有無:無
小論文の有無:無
交通費等の補助
一部負担できる場合もございますので、事前にご相談ください。
問い合わせ先
【 部署・担当者 】 総務課/研修医コーディネーター室 中條秀樹(ナカジョウヒデキ)
【 TEL 】 011-890-1110(代表)
【 FAX 】 011-896-2202
【 Email 】 dr-edu-satutoku@tokushukai.jp

東北医科薬科大学病院

東北医科薬科大学病院

当院は2016年度に新設された病床数466床、30診療科を有する仙台市東部の地域医療拠点病院です。数年後に特定機能病院の指定を目指しており、コモンから重症・専門疾患まで幅広い臨床経験が可能です。充実した各分野の専門医から質の高い指導が受けられ、大学病院としては類を見ないオープンな職場環境の下、個々のキャリアパスを全面的に支援します。

基幹型プログラム名
東北医科薬科大学病院 総合診療医専門研修プログラム
連携施設
登米市立登米市民病院、涌谷町国民健康保険病院、石巻市立病院、石巻市立牡鹿病院、登米市立米谷病院、登米市立登米診療所
採用試験日程
1次募集:10月10日~11月15日で随時
2次募集:12月16日~1月15日で随時
(日本専門医機構の1次登録の期間において。詳細はお問い合わせ下さい)
試験情報
試験実施日:随時
面接の有無:あり
質問内容等:プログラムにより異なる
筆記試験の有無:なし
小論文の有無:なし
その他試験項目:なし
交通費等の補助
なし
問い合わせ先
【 部署・担当者 】 卒後研修支援センター
【 TEL 】 022-259-1221
【 FAX 】 022-259-0507
【 Email 】 kenshu-shien@hosp.tohoku-mpu.ac.jp

愛媛県立中央病院

愛媛県立中央病院

温泉、俳句の城下町松山市中心部に位置する当院は、救急・災害・周産母子・地域医療支援・がん拠点など多様で豊富な患者を対象とする基幹病院です。一次から三次(ドク・ヘリ)まで、あらゆる疾患・病態を最初から最後まで診ることができ、専門研修にも集中できる環境です。是非、一緒に当院で研修(勉強)しませんか。

基幹型プログラム名
愛媛県立中央病院 総合診療科専門研修プログラム
連携施設
西予市立野村病院、西予市立西予市民病院、久万高原町立病院、鬼北町立北宇和病院、伊方町国保瀬戸診療所、松野町国保中央診療所、愛南町国保一本松病院附属内海診療所、愛媛県立南宇和病院、愛媛県立新居浜病院、愛媛県立今治病院、市立宇和島病院、市立八幡浜総合病院、愛媛大学医学部地域医療学講座
採用試験日程
一次募集 申込:平成29年10月23日(月)締切
     試験:平成29年10月28日(土)10:00~
二次募集 一次試験終了後、随時募集
交通費・宿泊費等の補助
なし
問い合わせ先
【 部署・担当者 】 事務局 総務医事課 職員係 担当係長 大澤文誉
【 TEL 】 089-947-1111
【 FAX 】 089-943-4136
【 Email 】 c-kensyu@eph.pref.ehime.jp

内科

社会医療法人 宏潤会 大同病院

社会医療法人 宏潤会 大同病院

大同病院には、専攻医個々の希望に沿ってキャリア形成を支援する「柔軟なプログラム」と「充実した研修環境」があります。
* 基幹施設には専門研修の到達目標を充足できる診療分野が揃い、適度な定員設定で十分な疾患群・症例研修機会を確保しています。
* 診療科間の“垣根の低さ”を強みとした『並行研修』が大きな特徴で、Subspecialty専門医までの早期資格取得を可能にしています。
* 院外講師による横断的な知識学習の機会が豊富にあります。
* 連携施設研修時でも基本的に退職を必要とせず、継続した処遇で研修できます。
* 病児を含め、24時間託児保育が可能な施設があります。
* 国内外問わず学会参加補助制度、留学支援制度があります。

基幹型プログラム名
大同病院内科専門研修プログラム
連携施設
名古屋市立大学病院,藤田保健衛生大学病院,名古屋市西部医療センター,知多厚生病院,だいどうクリニック,平岩病院,山口病院
採用試験日程
応募に従い順次個別に採用試験日を設定します。
応募受付期間は以下のとおりです。
一次応募: 平成29年9月8日~平成29年11月10日
二次応募:(※一次応募の状況により実施) 平成29年11月16日~平成30年1月10日
交通費・宿泊費等の補助
※ 遠方から来院の場合は、事前にご相談ください。(駐車場、宿泊施設等)
問い合わせ先
【 部署・担当者 】 卒後研修支援センター・ 岩田佳大
【 TEL 】 052-611-6261(内線3230)
【 FAX 】 052-614-1036
【 Email 】 kenshu@daidohp.or.jp

獨協医科大学日光医療センター

獨協医科大学日光医療センター

「地域社会の信頼に応える基幹病院として、医療を求める人々におもいやりの心を持って接し、高度で良質な医療を提供します。」という基本理念のもと、日光地区の二次救急病院群輪番制病院として救急医療に参画し、地域災害拠点病院及び栃木県DMAT指定病院になるなど、地域社会から信頼される中核医療機関とし地域医療の充実を目指しています。希望に応じてフレキシブルにプログラムを組めます。
研究・教育面では、大学院「医工学」を開設し、臨床研究支援室を立ち上げ、研究活動環境を充実させています。

基幹型プログラム名
獨協医科大学日光医療センター内科専門研修プログラム
連携施設
獨協医科大学病院、国立病院機構栃木医療センター
採用試験日程
一次募集:10月 2日(月)~11月10日(金)
二次募集:12月16日(火)~ 1月12日(金)
試験情報
試験実施日:上記期間内で日程調整のうえ実施
面接の有無:あり
質問内容等:
筆記試験の有無:なし
筆記試験内容:
小論文の有無:なし
小論文のテーマ・文字数等:
その他試験項目:応募願書・履歴書等、提出書類の精査
交通費・宿泊費等の補助
病院見学・試験の際は補助あり
問い合わせ先
【 部署・担当者 】 管理課(レジデント(専攻医)担当係) 水野
【 TEL 】 0288-76-1515
【 FAX 】 0288-76-1611
【 Email 】 nmc-kanri@dokkyomed.ac.jp

医療法人徳洲会 札幌徳洲会病院

医療法人徳洲会 札幌徳洲会病院

「世界に羽ばたく、整形外科医・総合診療医・内科医」
重度四肢外傷に対して高いレベルの医療を提供する機能再建型の整形外科外傷センター、世界に視野を向けて活動を推進している総合診療科(プライマリセンター)や内科は、北海道内の大学病院等との連携を中心として少数精鋭の専攻医を育成する専門研修プログラムです!

基幹型プログラム名
内科専門研修プログラム
連携施設
札幌医科大学附属病院、江別市立病院、共愛会病院、静仁会静内病院、札幌東徳洲会病院
採用試験日程
1次募集:平成29年10月10日~平成29年11月15日
2次募集:平成29年12月16日~平成30年1月15日
※見学等と合わせて随時対応致しますので、お問い合わせください。
試験情報
試験実施日:随時
面接の有無:有
筆記試験の有無:無
小論文の有無:無
交通費等の補助
一部負担できる場合もございますので、事前にご相談ください。
問い合わせ先
【 部署・担当者 】 総務課/研修医コーディネーター室 中條秀樹(ナカジョウヒデキ)
【 TEL 】 011-890-1110(代表)
【 FAX 】 011-896-2202
【 Email 】 dr-edu-satutoku@tokushukai.jp

愛媛県立中央病院

愛媛県立中央病院

温泉、俳句の城下町松山市中心部に位置する当院は、救急・災害・周産母子・地域医療支援・がん拠点など多様で豊富な患者を対象とする基幹病院です。一次から三次(ドク・ヘリ)まで、あらゆる疾患・病態を最初から最後まで診ることができ、専門研修にも集中できる環境です。是非、一緒に当院で研修(勉強)しませんか。

基幹型プログラム名
愛媛県立中央病院 内科専門研修プログラム
連携施設
愛媛県立新居浜病院、愛媛県立今治病院、愛媛県立南宇和病院、愛媛大学医学部附属病院、徳島大学病院、市立八幡浜総合病院、西予市立野村病院、西予市立西予市民病院、国民健康保険久万高原町立病院、鬼北町立北宇和病院、伊方町国民健康保険瀬戸診療所、松野町立国民健康保険中央診療所、愛南町国保一本松病院附属内海診療所
採用試験日程
一次募集 申込:平成29年10月23日(月)締切
     試験:平成29年10月28日(土)10:00~
二次募集 一次試験終了後、随時募集
試験情報
試験実施日:平成29年10月28日(土)~※面接時間は別途連絡
面接の有無:あり
質問内容等:
筆記試験の有無:なし
筆記試験内容:
小論文の有無:なし
小論文のテーマ・文字数等:
その他試験項目:書類審査
交通費・宿泊費等の補助
なし
問い合わせ先
【 部署・担当者 】 事務局 総務医事課 職員係 担当係長 大澤文誉
【 TEL 】 089-947-1111
【 FAX 】 089-943-4136
【 Email 】 c-kensyu@eph.pref.ehime.jp

横浜市立みなと赤十字病院

横浜市立みなと赤十字病院

「赤十字精神のもと、患者中心の良質な医療を提供して、地域の健康増進に貢献する」理念のもと、横浜市の政策医療である365日24時間の救急医療等に積極的に取り組んでおり、「内科」「外科」「整形外科」「救急科」「麻酔科」の専門研修プログラムがあります。横浜で専門研修を始めてみませんか。

基幹型プログラム名
横浜市立みなと赤十字病院内科専門研修プログラム
連携施設
東京医科歯科大学医学部附属病院、横須賀共済病院、平塚共済病院、横浜南共済病院、東京共済病院、横浜市立市民病院、相模原赤十字病院、置戸赤十字病院、伊豆赤十字病院
採用試験日程
病院ホームページで案内
試験情報
試験実施日:随時(予定)
面接の有無:有
質問内容等:
筆記試験の有無:無(予定)
筆記試験内容:
小論文の有無:無(予定)
小論文のテーマ・文字数等:
その他試験項目:
交通費・宿泊費等の補助
特になし
問い合わせ先
【 部署・担当者 】 臨床教育研修センター
【 TEL 】 045-628-6100
【 FAX 】 045-628-6101
【 Email 】 minato@yokohama.jrc.or.jp

東北医科薬科大学病院

東北医科薬科大学病院

当院は2016年度に新設された病床数466床、30診療科を有する仙台市東部の地域医療拠点病院です。数年後に特定機能病院の指定を目指しており、コモンから重症・専門疾患まで幅広い臨床経験が可能です。充実した各分野の専門医から質の高い指導が受けられ、大学病院としては類を見ないオープンな職場環境の下、個々のキャリアパスを全面的に支援します。

基幹型プログラム名
東北医科薬科大学病院 内科専門研修プログラム
連携施設
東北医科薬科大学若林病院、東北大学病院、気仙沼市立病院、栗原市立栗原中央病院、登米市立登米市民病院、南三陸病院、石巻市立病院、公立刈田綜合病院
採用試験日程
1次募集:10月10日~11月15日で随時
2次募集:12月16日~1月15日で随時
(日本専門医機構の1次登録の期間において。詳細はお問い合わせ下さい)
試験情報
試験実施日:随時
面接の有無:あり
質問内容等:プログラムにより異なる
筆記試験の有無:なし
小論文の有無:なし
その他試験項目:なし
交通費等の補助
なし
問い合わせ先
【 部署・担当者 】 卒後研修支援センター
【 TEL 】 022-259-1221
【 FAX 】 022-259-0507
【 Email 】 kenshu-shien@hosp.tohoku-mpu.ac.jp

小倉記念病院

小倉記念病院

大正5年創立の伝統ある北九州医療圏の基幹病院です。これまで高度専門・急性期医療に積極的に取り組み、地域医療に貢献してきました。特に循環器疾患においては国内トップレベルの実績を誇り、医療圏を超えた広域から患者さんが来院されます。平成22年に小倉駅前に新築移転し、設備・療養環境・アクセスといった病院機能が格段に向上しました。これまで積み重ねた実績や信頼を大切に、更なる飛躍を日々目指しています。

基幹型プログラム名
小倉記念病院内科専門医研修プログラム
連携施設
京都大学医学部付属病院・九州労災病院・門司メディカルセンター・新小倉病院・JR九州病院・麻生飯塚病院・健和会大手町病院・小倉リハビリテーション病院・薩摩川内市下甑手打診療所
採用試験日程
随時
試験情報
試験実施日:随時
面接の有無:あり
筆記試験の有無:なし
小論文の有無:あり
小論文のテーマ・文字数等:『小倉記念病院で専門研修を行う上での抱負』※800字以内(自筆、ワード文書可)
交通費・宿泊費等の補助
交通費のみ支給あり
問い合わせ先
【 部署・担当者 】 人事課 梶原
【 TEL 】 093-511-2057(人事課 直通)
【 FAX 】 093-511-2000
【 Email 】 jinji-2@kokurakinen.or.jp

外科

横浜市立みなと赤十字病院

横浜市立みなと赤十字病院

「赤十字精神のもと、患者中心の良質な医療を提供して、地域の健康増進に貢献する」理念のもと、横浜市の政策医療である365日24時間の救急医療等に積極的に取り組んでおり、「内科」「外科」「整形外科」「救急科」「麻酔科」の専門研修プログラムがあります。横浜で専門研修を始めてみませんか。

基幹型プログラム名
横浜市立みなと赤十字病院外科専門研修プログラム
連携施設
横浜市立大学附属病院、恵仁会松島病院、横浜保土ヶ谷中央病院
採用試験日程
病院ホームページで案内
試験情報
試験実施日:随時(予定)
面接の有無:有
質問内容等:
筆記試験の有無:無(予定)
筆記試験内容:
小論文の有無:無(予定)
小論文のテーマ・文字数等:
その他試験項目:
交通費・宿泊費等の補助
特になし
問い合わせ先
【 部署・担当者 】 臨床教育研修センター
【 TEL 】 045-628-6100
【 FAX 】 045-628-6101
【 Email 】 minato@yokohama.jrc.or.jp

愛媛県立中央病院

愛媛県立中央病院

温泉、俳句の城下町松山市中心部に位置する当院は、救急・災害・周産母子・地域医療支援・がん拠点など多様で豊富な患者を対象とする基幹病院です。一次から三次(ドク・ヘリ)まで、あらゆる疾患・病態を最初から最後まで診ることができ、専門研修にも集中できる環境です。是非、一緒に当院で研修(勉強)しませんか。

基幹型プログラム名
愛媛県立中央病院 外科専門研修プログラム
連携施設
愛媛県立今治病院、愛媛県立新居浜病院、愛媛大学医学部附属病院、徳島大学医学部附属病院
採用試験日程
一次募集 申込:平成29年10月23日(月)締切
     試験:平成29年10月28日(土)10:00~
二次募集 一次試験終了後、随時募集
交通費・宿泊費等の補助
なし
問い合わせ先
【 部署・担当者 】 事務局 総務医事課 職員係 担当係長 大澤文誉
【 TEL 】 089-947-1111
【 FAX 】 089-943-4136
【 Email 】 c-kensyu@eph.pref.ehime.jp

東北医科薬科大学病院

東北医科薬科大学病院

当院は2016年度に新設された病床数466床、30診療科を有する仙台市東部の地域医療拠点病院です。数年後に特定機能病院の指定を目指しており、コモンから重症・専門疾患まで幅広い臨床経験が可能です。充実した各分野の専門医から質の高い指導が受けられ、大学病院としては類を見ないオープンな職場環境の下、個々のキャリアパスを全面的に支援します。

基幹型プログラム名
東北医科薬科大学 外科専門研修プログラム
連携施設
青森県立中央病院、八戸市立市民病院、JA秋田厚生連平鹿総合病院、
JA秋田厚生連大曲厚生医療センター、登米市立登米市民病院、栗原市立栗原中央病院、南三陸病院、石巻市立病院、塩竈市立病院、宮城厚生協会坂総合病院、赤石病院、東北労災病院、東北大学病院、宮城県立こども病院、仙台赤十字病院、東北医科薬科大学若林病院、地域医療機能推進機構仙台南病院、みやぎ県南中核病院、公立刈田綜合病院、公立置賜総合病院、白河厚生総合病院、いわき市立総合磐城共立病院
採用試験日程
1次募集:10月10日~11月15日で随時
2次募集:12月16日~1月15日で随時
(日本専門医機構の1次登録の期間において。詳細はお問い合わせ下さい)
試験情報
試験実施日:随時
面接の有無:あり
質問内容等:プログラムにより異なる
筆記試験の有無:なし
小論文の有無:なし
その他試験項目:なし
交通費等の補助
なし
問い合わせ先
【 部署・担当者 】 卒後研修支援センター
【 TEL 】 022-259-1221
【 FAX 】 022-259-0507
【 Email 】 kenshu-shien@hosp.tohoku-mpu.ac.jp

小倉記念病院

小倉記念病院

大正5年創立の伝統ある北九州医療圏の基幹病院です。これまで高度専門・急性期医療に積極的に取り組み、地域医療に貢献してきました。特に循環器疾患においては国内トップレベルの実績を誇り、医療圏を超えた広域から患者さんが来院されます。平成22年に小倉駅前に新築移転し、設備・療養環境・アクセスといった病院機能が格段に向上しました。これまで積み重ねた実績や信頼を大切に、更なる飛躍を日々目指しています。

基幹型プログラム名
小倉記念病院外科専門医研修プログラム
連携施設
京都大学医学部付属病院・熊本中央病院・健和会大手町病院・小波瀬病院
採用試験日程
随時
試験情報
試験実施日:随時
面接の有無:あり
筆記試験の有無:なし
小論文の有無:あり
小論文のテーマ・文字数等:『小倉記念病院で専門研修を行う上での抱負』※800字以内(自筆、ワード文書可)
交通費等の補助
交通費のみ支給あり
問い合わせ先
【 部署・担当者 】 人事課 梶原
【 TEL 】 093-511-2057(人事課 直通)
【 FAX 】 093-511-2000
【 Email 】 jinji-2@kokurakinen.or.jp

産婦人科

愛媛県立中央病院

愛媛県立中央病院

温泉、俳句の城下町松山市中心部に位置する当院は、救急・災害・周産母子・地域医療支援・がん拠点など多様で豊富な患者を対象とする基幹病院です。一次から三次(ドク・ヘリ)まで、あらゆる疾患・病態を最初から最後まで診ることができ、専門研修にも集中できる環境です。是非、一緒に当院で研修(勉強)しませんか。

基幹型プログラム名
愛媛県立中央病院+四国がんセンター産婦人科専門研修プログラム
連携施設
四国がんセンター、愛媛大学医学部附属病院、愛媛県立新居浜病院、愛媛県立今治病院、市立宇和島病院、福井ウィメンズクリニック
採用試験日程
一次募集 申込:平成29年10月23日(月)締切
     試験:平成29年10月28日(土)10:00~
二次募集 一次試験終了後、随時募集
交通費・宿泊費等の補助
なし
問い合わせ先
【 部署・担当者 】 事務局 総務医事課 職員係 担当係長 大澤文誉
【 TEL 】 089-947-1111
【 FAX 】 089-943-4136
【 Email 】 c-kensyu@eph.pref.ehime.jp

麻酔科

横浜市立みなと赤十字病院

横浜市立みなと赤十字病院

「赤十字精神のもと、患者中心の良質な医療を提供して、地域の健康増進に貢献する」理念のもと、横浜市の政策医療である365日24時間の救急医療等に積極的に取り組んでおり、「内科」「外科」「整形外科」「救急科」「麻酔科」の専門研修プログラムがあります。横浜で専門研修を始めてみませんか。

基幹型プログラム名
横浜市立みなと赤十字病院麻酔科専門研修プログラム
連携施設
東京医科歯科大学医学部付属病院、大森赤十字病院、武蔵野赤十字病院、草加市立病院、新渡戸記念中野総合病院、友愛記念病院
採用試験日程
病院ホームページで案内
試験情報
試験実施日:随時(予定)
面接の有無:有
質問内容等:
筆記試験の有無:無(予定)
筆記試験内容:
小論文の有無:無(予定)
小論文のテーマ・文字数等:
その他試験項目:
交通費・宿泊費等の補助
特になし
問い合わせ先
【 部署・担当者 】 臨床教育研修センター
【 TEL 】 045-628-6100
【 FAX 】 045-628-6101
【 Email 】 minato@yokohama.jrc.or.jp

愛媛県立中央病院

愛媛県立中央病院

温泉、俳句の城下町松山市中心部に位置する当院は、救急・災害・周産母子・地域医療支援・がん拠点など多様で豊富な患者を対象とする基幹病院です。一次から三次(ドク・ヘリ)まで、あらゆる疾患・病態を最初から最後まで診ることができ、専門研修にも集中できる環境です。是非、一緒に当院で研修(勉強)しませんか。

基幹型プログラム名
愛媛県立中央病院 麻酔科専門研修プログラム
連携施設
愛媛県立新居浜病院、愛媛県立今治病院
採用試験日程
一次募集 申込:平成29年10月23日(月)締切
     試験:平成29年10月28日(土)10:00~
二次募集 一次試験終了後、随時募集
試験情報
試験実施日:平成29年10月28日(土)~※面接時間は別途連絡
面接の有無:あり
質問内容等:
筆記試験の有無:なし
筆記試験内容:
小論文の有無:なし
小論文のテーマ・文字数等:
その他試験項目:書類審査
交通費・宿泊費等の補助
なし
問い合わせ先
【 部署・担当者 】 事務局 総務医事課 職員係 担当係長 大澤文誉
【 TEL 】 089-947-1111
【 FAX 】 089-943-4136
【 Email 】 c-kensyu@eph.pref.ehime.jp

東北医科薬科大学病院

東北医科薬科大学病院

当院は2016年度に新設された病床数466床、30診療科を有する仙台市東部の地域医療拠点病院です。数年後に特定機能病院の指定を目指しており、コモンから重症・専門疾患まで幅広い臨床経験が可能です。充実した各分野の専門医から質の高い指導が受けられ、大学病院としては類を見ないオープンな職場環境の下、個々のキャリアパスを全面的に支援します。

基幹型プログラム名
東北医科薬科大学病院 麻酔科専門医研修プログラム
連携施設
国立病院機構仙台医療センター、仙台徳洲会病院、総合南東北病院
採用試験日程
1次募集:10月10日~11月15日で随時
2次募集:12月16日~1月15日で随時
(日本専門医機構の1次登録の期間において。詳細はお問い合わせ下さい)
試験情報
試験実施日:随時
面接の有無:あり
質問内容等:プログラムにより異なる
筆記試験の有無:なし
小論文の有無:なし
その他試験項目:なし
交通費等の補助
なし
問い合わせ先
【 部署・担当者 】 卒後研修支援センター
【 TEL 】 022-259-1221
【 FAX 】 022-259-0507
【 Email 】 kenshu-shien@hosp.tohoku-mpu.ac.jp

小倉記念病院

小倉記念病院

大正5年創立の伝統ある北九州医療圏の基幹病院です。これまで高度専門・急性期医療に積極的に取り組み、地域医療に貢献してきました。特に循環器疾患においては国内トップレベルの実績を誇り、医療圏を超えた広域から患者さんが来院されます。平成22年に小倉駅前に新築移転し、設備・療養環境・アクセスといった病院機能が格段に向上しました。これまで積み重ねた実績や信頼を大切に、更なる飛躍を日々目指しています。

基幹型プログラム名
小倉記念病院麻酔科専門医研修プログラム
連携施設
新小倉病院・福岡県立こども病院・産業医科大学病院・熊本大学・兵庫県立こども病院・長崎大学・四国こどもおとなの医療センター・がん研究会有明病院・健和会大手町病院・聖隷浜松病院・川崎医科大学
採用試験日程
随時
試験情報
試験実施日:随時
面接の有無:あり
筆記試験の有無:なし
小論文の有無:あり
小論文のテーマ・文字数等:『小倉記念病院で専門研修を行う上での抱負』※800字以内(自筆、ワード文書可)
交通費等の補助
交通費のみ支給あり
問い合わせ先
【 部署・担当者 】 人事課 梶原
【 TEL 】 093-511-2057(人事課 直通)
【 FAX 】 093-511-2000
【 Email 】 jinji-2@kokurakinen.or.jp

小児科

東北医科薬科大学病院

東北医科薬科大学病院

当院は2016年度に新設された病床数466床、30診療科を有する仙台市東部の地域医療拠点病院です。数年後に特定機能病院の指定を目指しており、コモンから重症・専門疾患まで幅広い臨床経験が可能です。充実した各分野の専門医から質の高い指導が受けられ、大学病院としては類を見ないオープンな職場環境の下、個々のキャリアパスを全面的に支援します。

基幹型プログラム名
東北医科薬科大学 小児科専門プログラム
連携施設
宮城県立こども病院、仙台市立病院、仙台赤十字病院、国立病院機構仙台医療センター、石巻赤十字病院、大崎市民病院、みやぎ県南中核病院、宮城厚生協会坂総合病院、気仙沼市立病院
採用試験日程
1次募集:10月10日~11月15日で随時
2次募集:12月16日~1月15日で随時
(日本専門医機構の1次登録の期間において。詳細はお問い合わせ下さい)
試験情報
試験実施日:随時
面接の有無:あり
質問内容等:プログラムにより異なる
筆記試験の有無:なし
小論文の有無:なし
その他試験項目:なし
交通費等の補助
なし
問い合わせ先
【 部署・担当者 】 卒後研修支援センター
【 TEL 】 022-259-1221
【 FAX 】 022-259-0507
【 Email 】 kenshu-shien@hosp.tohoku-mpu.ac.jp

精神科

東北医科薬科大学病院

東北医科薬科大学病院

当院は2016年度に新設された病床数466床、30診療科を有する仙台市東部の地域医療拠点病院です。数年後に特定機能病院の指定を目指しており、コモンから重症・専門疾患まで幅広い臨床経験が可能です。充実した各分野の専門医から質の高い指導が受けられ、大学病院としては類を見ないオープンな職場環境の下、個々のキャリアパスを全面的に支援します。

基幹型プログラム名
東北医科薬科大学病院連携施設 精神科専門医研修プログラム
連携施設
国立病院機構花巻病院、国立病院機構仙台医療センター、青葉病院、あさかホスピタル、いわき開成病院、協和病院、こころのホスピタル・古川グリーンヒルズ、佐藤病院、三川病院、緑ヶ丘病院、未来の風せいわ病院
採用試験日程
1次募集:10月10日~11月15日で随時
2次募集:12月16日~1月15日で随時
(日本専門医機構の1次登録の期間において。詳細はお問い合わせ下さい)
試験情報
試験実施日:随時
面接の有無:あり
質問内容等:プログラムにより異なる
筆記試験の有無:なし
小論文の有無:なし
その他試験項目:なし
交通費等の補助
なし
問い合わせ先
【 部署・担当者 】 卒後研修支援センター
【 TEL 】 022-259-1221
【 FAX 】 022-259-0507
【 Email 】 kenshu-shien@hosp.tohoku-mpu.ac.jp

整形外科

医療法人徳洲会 札幌徳洲会病院

医療法人徳洲会 札幌徳洲会病院

「世界に羽ばたく、整形外科医・総合診療医・内科医」
重度四肢外傷に対して高いレベルの医療を提供する機能再建型の整形外科外傷センター、世界に視野を向けて活動を推進している総合診療科(プライマリセンター)や内科は、北海道内の大学病院等との連携を中心として少数精鋭の専攻医を育成する専門研修プログラムです!

基幹型プログラム名
整形外科専門研修プログラム
連携施設
北海道大学病院、札幌医科大学附属病院、羊ケ丘病院、帯広厚生病院
採用試験日程
1次募集:平成29年10月10日~平成29年11月15日
2次募集:平成29年12月16日~平成30年1月15日
※見学等と合わせて随時対応致しますので、お問い合わせください。
試験情報
試験実施日:随時
面接の有無:有
筆記試験の有無:無
小論文の有無:無
交通費等の補助
一部負担できる場合もございますので、事前にご相談ください。
問い合わせ先
【 部署・担当者 】 総務課/研修医コーディネーター室 中條秀樹(ナカジョウヒデキ)
【 TEL 】 011-890-1110(代表)
【 FAX 】 011-896-2202
【 Email 】 dr-edu-satutoku@tokushukai.jp

横浜市立みなと赤十字病院

横浜市立みなと赤十字病院

「赤十字精神のもと、患者中心の良質な医療を提供して、地域の健康増進に貢献する」理念のもと、横浜市の政策医療である365日24時間の救急医療等に積極的に取り組んでおり、「内科」「外科」「整形外科」「救急科」「麻酔科」の専門研修プログラムがあります。横浜で専門研修を始めてみませんか。

基幹型プログラム名
横浜市立みなと赤十字病院整形外科専門研修プログラム
連携施設
東京医科歯科大学医学部附属病院、がん研究会有明病院、横浜栄共済病院、菊名記 念病院、相模原赤十字病院
採用試験日程
病院ホームページで案内
試験情報
試験実施日:随時(予定)
面接の有無:有
質問内容等:
筆記試験の有無:無(予定)
筆記試験内容:
小論文の有無:無(予定)
小論文のテーマ・文字数等:
その他試験項目:
交通費・宿泊費等の補助
特になし
問い合わせ先
【 部署・担当者 】 臨床教育研修センター
【 TEL 】 045-628-6100
【 FAX 】 045-628-6101
【 Email 】 minato@yokohama.jrc.or.jp

愛媛県立中央病院

愛媛県立中央病院

温泉、俳句の城下町松山市中心部に位置する当院は、救急・災害・周産母子・地域医療支援・がん拠点など多様で豊富な患者を対象とする基幹病院です。一次から三次(ドク・ヘリ)まで、あらゆる疾患・病態を最初から最後まで診ることができ、専門研修にも集中できる環境です。是非、一緒に当院で研修(勉強)しませんか。

基幹型プログラム名
愛媛県立中央病院 整形外科専門研修プログラム
連携施設
愛媛大学医学部附属病院、済生会松山病院、愛媛十全医療学院附属病院、松山赤十字病院リウマチセンター、南松山病院、愛媛生協病院、愛媛医療センター、 HITO病院、愛媛県立新居浜病院、済生会西条病院、西条中央病院、西条市立周桑病院、愛媛県立今治病院、市立大洲病院、大洲記念病院、西予市立野村病院、市立宇和島病院、 JCHO宇和島病院愛媛県立南宇和病院、興生総合病院
採用試験日程
一次募集 申込:平成29年10月23日(月)締切
     試験:平成29年10月28日(土)10:00~
二次募集 一次試験終了後、随時募集
交通費・宿泊費等の補助
なし
問い合わせ先
【 部署・担当者 】 事務局 総務医事課 職員係 担当係長 大澤文誉
【 TEL 】 089-947-1111
【 FAX 】 089-943-4136
【 Email 】 c-kensyu@eph.pref.ehime.jp

救急科

横浜市立みなと赤十字病院

横浜市立みなと赤十字病院

「赤十字精神のもと、患者中心の良質な医療を提供して、地域の健康増進に貢献する」理念のもと、横浜市の政策医療である365日24時間の救急医療等に積極的に取り組んでおり、「内科」「外科」「整形外科」「救急科」「麻酔科」の専門研修プログラムがあります。横浜で専門研修を始めてみませんか。

基幹型プログラム名
横浜市立みなと赤十字病院救急科専門研修プログラム
連携施設
けいゆう病院、聖隷横浜病院、 菊名記念病院、東戸塚記念病院、大森赤十字病院、産業医科大学、 防衛医科大学校病院、 佐久医療センター
採用試験日程
病院ホームページで案内
試験情報
試験実施日:随時(予定)
面接の有無:有
質問内容等:
筆記試験の有無:無(予定)
筆記試験内容:
小論文の有無:無(予定)
小論文のテーマ・文字数等:
その他試験項目:
交通費・宿泊費等の補助
特になし
問い合わせ先
【 部署・担当者 】 臨床教育研修センター
【 TEL 】 045-628-6100
【 FAX 】 045-628-6101
【 Email 】 minato@yokohama.jrc.or.jp

愛媛県立中央病院

愛媛県立中央病院

温泉、俳句の城下町松山市中心部に位置する当院は、救急・災害・周産母子・地域医療支援・がん拠点など多様で豊富な患者を対象とする基幹病院です。一次から三次(ドク・ヘリ)まで、あらゆる疾患・病態を最初から最後まで診ることができ、専門研修にも集中できる環境です。是非、一緒に当院で研修(勉強)しませんか。

基幹型プログラム名
愛媛県立中央病院 救急科専門研修プログラム
連携施設
島根県立中央病院、兵庫県災害医療センター、前橋赤十字病院、愛媛県立新居浜病院、愛媛県立今治病院、愛媛県立南宇和病院、市立宇和島病院、西予市立西予市民病院、西予市立野村病院
採用試験日程
一次募集 申込:平成29年10月23日(月)締切
     試験:平成29年10月28日(土)10:00~
二次募集 一次試験終了後、随時募集
交通費・宿泊費等の補助
なし
問い合わせ先
【 部署・担当者 】 事務局 総務医事課 職員係 担当係長 大澤文誉
【 TEL 】 089-947-1111
【 FAX 】 089-943-4136
【 Email 】 c-kensyu@eph.pref.ehime.jp

形成外科

愛媛県立中央病院

愛媛県立中央病院

温泉、俳句の城下町松山市中心部に位置する当院は、救急・災害・周産母子・地域医療支援・がん拠点など多様で豊富な患者を対象とする基幹病院です。一次から三次(ドク・ヘリ)まで、あらゆる疾患・病態を最初から最後まで診ることができ、専門研修にも集中できる環境です。是非、一緒に当院で研修(勉強)しませんか。

基幹型プログラム名
愛媛県立中央病院 形成外科専門研修プログラム
連携施設
山口県立総合医療センター、愛媛県立南宇和病院
採用試験日程
一次募集 申込:平成29年10月23日(月)締切
     試験:平成29年10月28日(土)10:00~
二次募集 一次試験終了後、随時募集
交通費・宿泊費等の補助
なし
問い合わせ先
【 部署・担当者 】 事務局 総務医事課 職員係 担当係長 大澤文誉
【 TEL 】 089-947-1111
【 FAX 】 089-943-4136
【 Email 】 c-kensyu@eph.pref.ehime.jp

臨床検査

東北医科薬科大学病院

東北医科薬科大学病院

当院は2016年度に新設された病床数466床、30診療科を有する仙台市東部の地域医療拠点病院です。数年後に特定機能病院の指定を目指しており、コモンから重症・専門疾患まで幅広い臨床経験が可能です。充実した各分野の専門医から質の高い指導が受けられ、大学病院としては類を見ないオープンな職場環境の下、個々のキャリアパスを全面的に支援します。

基幹型プログラム名
連携施設
採用試験日程
1次募集:10月10日~11月15日で随時
2次募集:12月16日~1月15日で随時
(日本専門医機構の1次登録の期間において。詳細はお問い合わせ下さい)
試験情報
試験実施日:随時
面接の有無:あり
質問内容等:プログラムにより異なる
筆記試験の有無:なし
小論文の有無:なし
その他試験項目:なし
交通費等の補助
なし
問い合わせ先
【 部署・担当者 】 卒後研修支援センター
【 TEL 】 022-259-1221
【 FAX 】 022-259-0507
【 Email 】 kenshu-shien@hosp.tohoku-mpu.ac.jp