1. レジナビTOP
  2. 研修医インタビュー特集TOP
  3. 東海大学医学部付属病院 初期研修医 迫田先生

研修医インタビュー特集

他大学出身者も垣根なく、
温かく見守られながら幅広い症例経験を積める環境

東海大学医学部付属病院 初期研修医 迫田先生

わからないことだらけの初期研修。忙しい院内では、周囲に声をかけるのも遠慮がちになってしまうことが多いものです。
今回は、初期研修医が困らないよう「メンター制度」を設けている東海大学医学部付属病院で、研修に励んでいる1年目の迫田先生にお話を伺ってみました。

研修先に東海大学医学部付属病院を選んだ理由を教えてください。

迫田:

大学4年生ぐらいから研修先を探し始めました。救急に興味があったので、三次救急や救命センターを持っている病院からまず絞っていき、研修プログラムを比較検討しました。当院は、自由度が高く、進みたい科を選んで自分でプログラムを組めること、疾患も幅広く経験できることが魅力でした。
また、実際に見学に来てみて、先輩の研修医の方々が楽しそうに研修している様子も決め手になりました。指導医の先生方もとても熱心で、当院なら多少辛いことがあっても、楽しく研修ができるだろうと思ったことも決め手のひとつです。

見学の際にお世話になった先生方と院内で会うと、今でも覚えてくれていて、声もかけてくださいます。事務の方も同様です。周りとうまくやれているかどうか気にかけてくれて、飲み会などにも誘ってもらっています。

実際に研修に入ってみての感想はいかがですか?

東海大学医学部付属病院 初期研修医 迫田先生 迫田:

まだ消化器内科と外科の2つの診療科しか回っていませんが、とても楽しくやっています。私のように外部の大学から来た研修医でも、出身大学による垣根はまったくなく、先生方も熱心に指導してくださいます。手技も希望すればどんどんやらせてもらっています。
消化器内科と外科では、病棟を担当している3年目や5年目といった若い先生方について回りました。年も近い先生方に指導をしてもらいながら、病棟の患者さまを診ることができます。何でも聞きやすく、身近な目標にもなっています。

当院には「メンター制度」というものがあり、講師や准教授といったポジションの医師が初期研修医に一人ずつ付いてくれます。臨床経験豊富な先生方からアドバイスをもらえるのは、とても貴重なことです。
また、進む診療科をどうしようか迷っているとか、行きたい診療科は決まっているけれど、それまでにどのような研修プログラムを組めばいいのか、どんな経験を積んでいけばいいのか、といった相談にも乗ってもらえます。研修生活の中で起こるいろいろなトラブルや悩みなども聞いてくれるので、心の支えにもなっています。自分から話しかけて相談するのは難しくても、担当の先輩医師が決まっていれば気軽に聞くことができるので、「メンター制度」はとても良い制度だと思います。

院内の雰囲気はどのような感じですか?

迫田:

とても明るいです。病棟やナースステーション、廊下も広く、開放的です。毎日忙しいのですが、ピリピリした雰囲気ではありません。先輩医師はもちろん、看護師をはじめとするコメディカル、患者さまの移動を助けてくれるエイド、病棟のクラーク、そして事務スタッフなど、様々な人たちが研修医を助けてくれます。
薬剤師が病棟に配置されていて、薬のことでわからないことや処方についてすぐに聞くことができますし、栄養士が病棟を回っているので、患者さまの食事について相談することも可能です。薬剤師や栄養士の方から研修医に、「こうしたほうがいいよ」とアドバイスしてくれることもあります。当院のように薬剤師や栄養士が病棟にいる病院はあまりないと思います。研修医から気軽に話しかけやすいよう、配慮してくれているのでとても助かっています。
顔を見ながらコミュニケーションできるのは安心ですし、それぞれの専門の人たちが協力し合い、責任を持って患者さまの治療に当たっているという団結力を感じられるのも良いことです。

当院には研修医専用の部屋があり、仕事が終わると皆が集まってきます。和気あいあいとしていて、遅くまで仕事の話をしたり、質問をし合ったりしています。仕事が終わった人同士誘い合って食事に出かけることもあり、私はまだ病院の周辺のことがわからないのでいろいろなところに連れていってもらっています。病棟から離れて研修医だけで過ごせる部室は、息抜きの場所にもなっていて、こういう場所があるのはとても良いと感じています。

研修先としての東海大学付属病院のアピールポイントをお聞かせください。

東海大学医学部付属病院 初期研修医 迫田先生 迫田:

症例数が多いことと、大学病院でありながらコモンディジーズも数多く経験できることです。大学病院だと特殊な症例ばかりを扱うイメージかもしれませんが、当院はそのようなことはありません。市中病院で診られるような症例もあります。
夜間診療では、研修医が患者さまをファーストタッチで診療していますし、研修医の段階から外来患者さまを問診し、診察や検査を組んでいきます。もちろん、診断やそれ以降の対応については先輩医師と相談しますが、前情報のない患者さまを初見で診られるのはとても勉強になります。

当院には女性の医師や研修医も多く働いています。全体の1/3~1/4は女性医師なので多いほうではないでしょうか。外科でもオペをバリバリこなしている女性医師がいますし、救急でも外傷を先頭に立って対応する医師の中に女性医師が含まれています。大学病院であれば、子育て中は研究に入って仕事と育児の両立をしていくこともできますし、女性医師にとってもキャリアを積みやすい環境ではないかと思います。

研修医インタビュー特集TOP

おすすめ情報

  • 特集 ~研修の現場から~
    特集 ~研修の現場から~
  • マッチングまでの道のり