1. レジナビTOP
  2. 研修医インタビュー特集TOP
  3. 千葉大学医学部附属病院 初期研修医 脇田先生

研修医インタビュー特集

外の市中病院で受ける刺激、大学病院で学ぶ充実感、
どちらも大きな財産に

千葉大学医学部附属病院 初期研修医 脇田先生

市中病院と大学病院、双方を経験できる「たすきがけ」の初期研修を選択される方も年々増えつつあります。
今回は、1年目に国保直営総合病院君津中央病院で研修を受けた後、母校である千葉大学に戻ってこられた2年目の脇田先生にお話を伺ってみました。

医師を目指されたきっかけや、今の研修プログラムを選んだ経緯について教えてください。

脇田:

私は高校生の頃は物理に熱中していて、大学の1年目は他大学で物理をやっていました。でも物理に向き合っているうちに、「もっと面白いことはないか」と思うようになってきて、それで千葉大の医学部に編入したのがこの世界へ進んだきっかけです。
医学部に入ってみると居心地が良く、ものすごく興味を持てたので毎日が充実していました。親が医者ということもあり、子どもの頃から親の姿を見ていて、心のどこかでずっとイメージしていたのかもしれませんね。

研修については、2年間同じところにいるとマンネリになりそうだという思いがあり、千葉大の初期研修プログラムに、1年目で外病院をまわって2年目で大学に戻ってくるというコースがあったので、迷わず決めました。出身大学での研修なら人や環境もよくわかっていることが多いことと、1年目から外に出て刺激を受けてまた大学に戻ってこられるというのが有意義に思えたこと、他大学からの研修医も多くいろいろな人間が集まっていることなどが決め手になりましたね。

研修内容や学ぶ環境など、2年目を迎えた今、どんな感想をお持ちですか?

千葉大学医学部附属病院 初期研修医 脇田先生 脇田:

1年目は国保直営総合病院君津中央病院に行っていたのですが、研修医がたくさんいて、楽しく充実していました。一方で、これは千葉大もそうですが、研修医が多いだけに救急外来などは限られた期間の中、一人ひとりにまわってくる手技がどうしても少なくなってしまうことはあります。ただ、個人的にはそれでも研修医が多い方が互いに刺激し合うことも多く、学びがたくさんあったので、選んでよかったと思っています。

2年目になって千葉大に戻ってきたわけですが、私のなかでは、大学病院での研修はとても厳しく放任主義で個々に任されているというイメージがあって、その点を覚悟していました。でもそれはまったく杞憂に終わりましたね。今まわっている整形外科でも、その前にまわっていたリハビリテーション科でも、とても手厚く指導していただいています。
業務外の部分でも、上の先生方がかなり頻繁に飲みや遊びに連れて行ってくださり、そういうお付き合いがあるなかでの指導なので、コミュニケーションがとてもスムーズです。わからないことを気軽に聞くことができ、先生方も親身になって教えてくれます。このような指導のもとだと、さまざまなことを素直に吸収できるので、成長を実感できます。とても良い環境だったと改めて思いますね。

また、大学病院の患者さんは、何かしらコモンな基礎疾患があって、それに加えて別の疾患を抱えて来られる方が多いので、医療も高度かつ専門的になりますし、いろんな視点から学ぶことができます。その点で救急外来ひとつとっても、市中病院と大学病院とでは症例も病院としての役割もまったく違うので、双方を学ぶことができるのは有意義だと思いますね。

設備面なども非常に充実しているようですが、どんなところがお勧めでしょう?

脇田:

千葉大にはクリニカル・スキルズ・センターという設備があって、内視鏡や腹腔鏡、CVなどひととおりの手技をシミュレーションできる機器が揃っています。機器が空いていて自分に時間さえあればいつでも練習できるので、これは大きなメリットです。練習だけでなく、週に1回は研修医向けの勉強会も開催されていて、後期研修医の先生方も一緒に互いを高め合える場となっています。プレゼンやディスカッションの経験もしっかり積めるのもすごく良い点だと思いますね。

また、月に一度、研修医の相談事や要望を受け止めてくれるような会もあります。「研修プログラムをこういう風にカスタマイズしたい」といったものから、「研修医室にこんな設備が欲しい」といったものまで何でも気軽に話すことができて、常識の範囲内の希望であればすぐ反映してもらえるので、本当に研修医を大切にしてくれているのだなと感じます。

1人暮らしをする方には寮もあり、私はそこに入っています。新しくてきれいで、設備も充実していますよ。オートロックでお風呂の追い炊きもできて、家賃は3万円かからないくらいです。大学病院のすぐ近くなので、大学に住んでいるような感覚です。ここに住んでいると、何もなくても自発的に病棟・病院に出向いて学ぶようになりますから、個人的にはそれもメリットだと思っています。

今後の進路については、どのように考えていらっしゃいますか?

脇田:

今の整形外科が楽しく充実していて雰囲気も良いので、後期研修もこのまま整形でと考えています。そのために必要な科を、この1年でまわるつもりです。なかでも、千葉大の救急部は外傷の患者さんが結構多いことがわかったので、目指す医師像として、外傷をやりたいと考えている私としては、ぜひ経験しておきたいですね。
外傷に興味を持ったのは、1年目に君津中央病院にいた頃、救急で外傷の患者さんを診る機会が多く、「怪我をした人を治す」というところに醍醐味を感じたからです。2年目はまわる診療科を直前に変更することにもフレキシブルに対応してもらえるので、将来像とも照らし合わせて、充実した1年にしたいと思っています。

学生の方々に向け、研修先選びのアドバイスやメッセージをお願いします。

千葉大学医学部附属病院 初期研修医 脇田先生 脇田:

私が学生によく話すのが、有名なところや研修医を多く受け入れてきた歴史のあるところに行くと良いということ。実績のあるところは、指導医の先生方の研修医への対応や、設備も含めた受け入れ態勢がしっかりしています。ほとんど実績のないところや研修医の少ないところに行けば、確かに経験できる症例は多いかもしれませんが、指導医の先生方も教え慣れていないところがあるでしょうし、経験がそのまま学びにつながらないケースも出てくると思います。

ですから、選ぶポイントとして過去の実績も含めた研修医の数は1つの大きな判断材料だと思います。また、研修を経験している人、つまり研修医の先生に聞く現場の声も貴重な判断材料ではないでしょうか。見学だけではなかなかわかりづらいところもあると思いますが、積極的に話を聞けば現場のイメージがわいてくると思います。
あとは研修中ずっと過ごす場所になるわけですから、見た目も含めた環境も大事です。明るくてきれいな環境だとモチベーションが上がりますからね。これは見学の第一印象でもわかることなので、しっかり見て欲しいです。学生の皆さんが悔いのない選択ができることを願っています。

研修医インタビュー特集TOP
  • 福岡県
  • 二次募集特集

注目の病院情報

北里大学病院 循環器内科
神奈川県
専門・後期

北里大学病院 循環器内科

我々北里大学病院循環器内科は、神奈川県で唯一の植え込み型補助人工心臓認定施設です。診療は、虚血…

兵庫県立尼崎総合医療センター
兵庫県
初期 専門・後期

兵庫県立尼崎総合医療センター

県立尼崎病院と県立塚口病院が統合し、平成27年7月に開院。730床(重症系145床)、42診療…

日本赤十字社 和歌山医療センター
和歌山県
初期 専門・後期

日本赤十字社 和歌山医療センター

日本赤十字社和歌山医療センターは地域の基幹病院としての役割を果たすべく、並びに高度先進医療に対…

広島市立安佐市民病院
広島県
初期 専門・後期

広島市立安佐市民病院

当院は広島北部から島根県南部の病院および診療所、救急隊と密接な診療提携を行う地域の中核総合病院…

徳島県鳴門病院
徳島県
初期

徳島県鳴門病院

鳴門病院は、昭和28年開設以来の長い歴史を持つとともに、平成25年4月1日には、徳島県を設立団…

新行橋病院
福岡県
初期

新行橋病院

当院は、地域住民の皆様の強い要望により、平成9年12月に149床の救急病院として開院しました。…

田川市立病院
福岡県
初期

田川市立病院

【当院における研修の特徴】1)マンツーマン指導 当院は中規模病院であり臨床研修医枠も多くはあり…

熊本赤十字病院
熊本県
初期 専門・後期

熊本赤十字病院

<救急医療>当院は、県の救急医療の拠点として365日、24時間、1次から3次まであらゆる疾患の…

見学会・説明会情報

最新!医学生・研修医採用情報

知っておいて損はなし!採用情報

愛媛県臨床研修病院群

水戸済生会総合病院

福岡県

牛久愛和総合病院

高知県

鳥取県

専門研修特集 救急科