1. レジナビTOP
  2. 研修医インタビュー特集TOP
  3. 日本医科大学付属病院 初期研修医 高根先生

研修医インタビュー特集

マンツーマンに近い指導体制、
大切に育てられているという実感

日本医科大学付属病院 初期研修医 高根先生

研修先の教育・指導体制というのは、指導医の先生方の姿勢やその病院の風土などにより千差万別なもの。今回は、他大学出身でありながら、教育・指導体制の手厚さに惹かれて日本医科大学付属病院を研修先に選び、2年目を迎えた高根先生にお話を伺ってみました。

研修先として、日本医科大学付属病院を選ばれた経緯について教えてください。

高根:

私は地元が東京なので、東京に戻って医師をやりたいという思いがあり、市中病院も大学病院も含めていくつか見学に行きました。その中でも日本医科大学付属病院は、都内の大学病院にしては研修医の数が少ないことがまず大きなメリットでしたね。
さらに指導医の先生方が学生を教えるようなスタンスで研修医にも丁寧に教える風土があって、それが比較的若い先生方にも浸透しているのを感じたので、ここ1本に絞って受験しました。

1年目の研修を終え、振り返って思うことなどをお伺いできますか?

日本医科大学付属病院 初期研修医 高根先生 高根:

学生の頃、研修医というのは昼夜を問わずひたすら時間に追われて、夜中まで働くのが当たり前というイメージがあったのですが、ここではまずそういうことはなかったですね。自分の業務がしっかり終わっていれば17時半の定時に帰っても誰に何を言われることもなく、むしろ「帰っていいよ」という雰囲気でした。通勤時間も含めて、自分の勉強にあてられる時間が非常に多いので、メリハリをつけて研修に取り組めています。

病院全体の雰囲気としては、日本医大という1つの家族のようなアットホームさがあって、同期同士での出身大学の壁などももちろんないですし、上の先生方やコ・メディカルの方々もまったく壁をつくらないので、ざっくばらんに何でも話せる環境です。

日本医大は同期の研修医も27人と少なめで、僕はそれをメリットととらえて入ったわけですが、実際入ってみてやはり期待どおりだったと感じていますね。経験できる手技の数などもそうですが、どの科に行ってもマンツーマンに近い指導が受けられます。必ずしも1対1とはいかない状況もときにはありますが、どの先生方も常にマンツーマンで指導するように細やかに気にかけてくださっていて、すごく恵まれていると感じています。

大学病院ということで、設備面や研究、カンファレンスなども充実していますか?

高根:

今の高度な医療に対応した設備はひととおり揃っていると思います。その面で不満はありませんね。研究については、日本医大は研修医1年目から大学院に入ることもできますので、早い段階から研究に取り組んでいる方も先輩方の中に何人かいらっしゃいます。
だから「研究をやりたい」と思えば、1年目からでもできる環境です。どちらかと言えば研究者は少数派ですが、それだけに「一緒に研究しよう」というウエルカムな雰囲気がすごくあります。身近にやっている人もいますし、気軽に見学に行くこともできますから、将来の選択肢も広がる環境です。

カンファレンスについては、診療科主体のものはその科によって頻度や内容が異なりますが、院内の臨床研修センター主体のものは、1年目の研修医向けに「輸液の使い方」「治療の基礎」など毎週レクチャーが開かれています。その他、「CV研修」「超音波研修」「医療安全研修」「症例発表会」といった2ヶ月に1度のフォーラムも開催されており、発表やプレゼンの機会も十分にあります。
これだけ充実しているのは、やはり大学病院ならではでしょうね。

志望の科や今後の進路については、どのように考えていらっしゃいますか?

高根:

私は外科と内科とで迷っていて、外科であれば日本医大にそのまま残るつもりです。ここなら一人前の外科医になるカリキュラムが整っていると感じているからです。内科については、私はこれから地域に行って、地域医療の中の内科をまず体験してみようと思っています。その上で、もし内科に進むのであれば、地域医療でやるか、日本医大でやるか、もう一度考えてみるつもりです。ちなみに内科の中では、内分泌か神経内科を専門にと考えています。

学生の方々に向け、アドバイスやメッセージをお願いします。

日本医科大学付属病院 初期研修医 高根先生 高根:

学生のうちに、基本的な知識、医療の原点のようなところをしっかり頭に入れておくことがとても大切だと思います。医学・医療というのは、的確な診断・治療をみんなで共有して進めていくものなので、誰か一人でもベースになる部分のブレがあると、チーム医療が成り立たなくなります。
応用的な部分や深く掘り下げた部分については、研修医として働き出せば、学び、吸収できます。基礎をしっかりじっくり学べるというのは、学生のうちだからこそできることだと思うので、頑張って欲しいですね。

研修先探しについて、私は最初から絞り込んでいたのでアドバイスするのは難しいのですが、日本医大について言えば、他大学から来る方にとって穴場の大学病院だと思います。前述のとおり、出身大学による壁のようなものはありませんし、都内にありながら研修医も少なく、上の先生方から本当に手厚く指導してもらえる環境です。
自分自身、他大学から来てここで良かったなと日々思っているので、本当にお勧めです。ぜひ見学に来ていただければと思います。

研修医インタビュー特集TOP
  • 福岡県
  • 二次募集特集

注目の病院情報

北里大学病院 循環器内科
神奈川県
専門・後期

北里大学病院 循環器内科

我々北里大学病院循環器内科は、神奈川県で唯一の植え込み型補助人工心臓認定施設です。診療は、虚血…

兵庫県立尼崎総合医療センター
兵庫県
初期 専門・後期

兵庫県立尼崎総合医療センター

県立尼崎病院と県立塚口病院が統合し、平成27年7月に開院。730床(重症系145床)、42診療…

日本赤十字社 和歌山医療センター
和歌山県
初期 専門・後期

日本赤十字社 和歌山医療センター

日本赤十字社和歌山医療センターは地域の基幹病院としての役割を果たすべく、並びに高度先進医療に対…

広島市立安佐市民病院
広島県
初期 専門・後期

広島市立安佐市民病院

当院は広島北部から島根県南部の病院および診療所、救急隊と密接な診療提携を行う地域の中核総合病院…

徳島県鳴門病院
徳島県
初期

徳島県鳴門病院

鳴門病院は、昭和28年開設以来の長い歴史を持つとともに、平成25年4月1日には、徳島県を設立団…

新行橋病院
福岡県
初期

新行橋病院

当院は、地域住民の皆様の強い要望により、平成9年12月に149床の救急病院として開院しました。…

田川市立病院
福岡県
初期

田川市立病院

【当院における研修の特徴】1)マンツーマン指導 当院は中規模病院であり臨床研修医枠も多くはあり…

熊本赤十字病院
熊本県
初期 専門・後期

熊本赤十字病院

<救急医療>当院は、県の救急医療の拠点として365日、24時間、1次から3次まであらゆる疾患の…

見学会・説明会情報

最新!医学生・研修医採用情報

知っておいて損はなし!採用情報

愛媛県臨床研修病院群

水戸済生会総合病院

福岡県

牛久愛和総合病院

高知県

鳥取県

専門研修特集 救急科