1. TOP
  2. 研修情報を探す
  3. 長野県厚生農業協同組合連合会 佐久総合病院佐久医療センター 佐久総合病院初期臨床研修プログラム
長野県厚生農業協同組合連合会 佐久総合病院佐久医療センター

市中病院

長野県厚生農業協同組合連合会 佐久総合病院佐久医療センター

さくそうごうびょういんさくいりょうせんたー

佐久総合病院初期臨床研修プログラム

下記ボタンから申し込むと、施設へ連絡が届きます。

更新日:2021/07/16

佐久総合病院
佐久医療センター
小海分院

病院の早見表はこちら!

  • 指導医数(2020年度時点)

    73名

  • 初期研修医(2020年度時点)

    32名

    卒後1年次 16名

    卒後2年次 16名

  • 給与

    卒後1年次(月給/年収)
    月給 280,000円/年収 4,800,000円

    卒後2年次(月給/年収)
    月給 350,000円/年収 6,600,000円

    詳細はこちら

  • 当直回数

    1年次 6回/月
    2年次 7回/月

    2年間を通して月6~8回程度

採用関連情報

  • 病院見学実施日

    随時

  • 採用予定人数

    16名

  • 試験日程

    2021年 8月6日(金)、8月13日(金)、8月20日(金)、8月27日(金)、9月3日(金)

この研修プログラムの特徴

目的:地域における第一線医療と予防医学の実践を最大の特徴とする本病院の特色を理解し、将来いずれの方向に進むにせよプライマリケアをおこないうるために必要な基本的知識、技能および態度の習得を目的とする。

特徴:
①2年間の研修期間のうち、1年次は最初にオリエンテーションを行った後、内科、外科、麻酔科、小児科、健康管理部を中心に研修を行う。2年次は産婦人科、精神神経科、救命救急センター(ICU)の研修と地域医療研修として小海分院・診療所を研修し、それ以外の期間は本人の希望に応じたローテーションを行う。
②Common diseasesの診断・治療を習得するために、2年間を通じ、基本的に週1日総合外来での外来研修を行う。
③あらゆる救急疾患の初期対応ができるようになるために、救急の研修として、救命救急センターでの研修を行うと共に、2年間を通じ救急外来での当直研修を指導医の監督の下に月に6~8回行う。
④地域の住民のニーズを把握し、地域の保健医療を理解し実践するために、地域へ出て行くことを重視し、在宅ケア(訪問診療)、健診活動への参加など院外での研修も積極的に行う。

※ローテート先の科の所属に応じて、佐久医療センター、佐久総合病院、小海分院それぞれで研修を行う。

研修病院タイプ
基幹型
URL

http://www.sakuhp.or.jp/

こだわりポイント

  • 症例数が多い

  • 指導体制が充実

  • 施設設備が充実

  • いろんな大学から集まる

佐久総合病院初期臨床研修プログラム

4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月
1年次オリ(2週)内科(総合)(8週)内科(8週)外科(8週)健康管理部(2週)麻酔科(8週)小児科(4週)休暇(1週)選択科
2年次産婦人科(4週)内科(総診)(8週)地域医療(8週)救急科(8週)精神科(4週)休暇(1週)選択科
  1. 1年次
  1. 4月
  2. 5月
  3. 6月
  4. 7月
  5. 8月
  6. 9月
  7. 10月
  8. 11月
  9. 12月
  10. 1月
  11. 2月
  12. 3月

オリ(2週)

内科(総合)(8週)

内科(8週)

外科(8週)

健康管理部(2週)

麻酔科(8週)

小児科(4週)

休暇(1週)

選択科

  1. 2年次
  1. 4月
  2. 5月
  3. 6月
  4. 7月
  5. 8月
  6. 9月
  7. 10月
  8. 11月
  9. 12月
  10. 1月
  11. 2月
  12. 3月

産婦人科(4週)

内科(総診)(8週)

地域医療(8週)

救急科(8週)

精神科(4週)

休暇(1週)

選択科

スケジュールを

・1年次の4月1・2週はオリエンテーションを行う。
・1年次の6月から研修修了まで月に6~8回、指導医の監督のもと、副当直として救急外来での研修を行う(救急の研修として、1か月分に換算する)。

研修環境について

在籍指導医(2020年度時点)
合計 73名

※佐久総合病院グループ全体の指導医の人数
在籍初期研修医(2020年度時点)
合計 32名

卒後1年次の初期研修医数
16名(男性 10名:女性 6名)
主な出身大学
旭川医科大学, 弘前大学, 岩手医科大学, 埼玉医科大学, 杏林大学, 東京医科歯科大学, 東京慈恵会医科大学, 信州大学, 島根大学, 大分大学, 琉球大学

卒後2年次の初期研修医数
16名(男性 9名:女性 7名)
主な出身大学
弘前大学, 岩手医科大学, 山形大学, 杏林大学, 順天堂大学, 東京医科歯科大学, 東京医科大学, 東京慈恵会医科大学, 信州大学, 金沢大学, 神戸大学, 香川大学, 産業医科大学, 熊本大学, 鹿児島大学

在籍専攻医・後期研修医(2020年度時点)
合計 22名(男性 13名:女性 9名)

当直体制
対応医師数
研修医 2名、研修医以外の当直医 5名
開始時期
1年次の6月から

佐久総合病院と佐久医療センターで当直を行う。
佐久総合病院での当直は研修医2名、外来当直医師1名、病棟当直医師1名
佐久医療センターでの当直は研修医2名、内科当直医師1名、外科当直医師1名、救急病棟当直医師1名、小児科当直医師1名、婦人科当直医師1名
他各科オンコール体制
カンファレンスについて
総合外来カンファレンス、この他多数
研修修了後の進路
佐久総合病院、大学病院、その他市中病院など
関連大学医局
群馬大学, 東京医科歯科大学, 東京慈恵会医科大学, 北里大学, 信州大学

給与・処遇について

給与
卒後1年次(月給/年収)
月給 280,000円/年収 4,800,000円
卒後2年次(月給/年収)
月給 350,000円/年収 6,600,000円

<賞与>
あり
医師賠償責任保険
病院として加入
宿舎・住宅
あり
社会保険
健保、年金、労働保険あり
福利厚生
正職員に準ずる勤務時間:平日8:30~17:00、土曜日8:30~12:30休日:日祝日、病院の定めた日(4週7休、年1回1週間のリフレッシュ休暇の取得が認められている)*学会などの外部の研修(国内)は、研修医教育委員会、研修中の部門での指導医の了解のもとに参加可。発表者の場合は公務出張扱い。
学会補助
あり
当直回数
1年次 6回/月
2年次 7回/月

2年間を通して月6~8回程度

病院見学・採用試験について

病院見学
病院見学実施日
随時
見学時交通費補助:なし

随時対応しますが、年末年始・年度末・年度初めは対応不可。また当院が募集する夏期実習・春期実習中もこれ以外の実習は原則として受入不可。
試験・採用
試験日程
2021年 8月6日(金)、8月13日(金)、8月20日(金)、8月27日(金)、9月3日(金)
選考方法
面接、小論文
採用予定人数
16名

■選考方法:小論文とWeb面接
応募関連
応募書類
採用試験申込用紙(当院所定)、履歴書(当院所定)、志望動機書、卒業見込書、成績証明書

応募締切
各試験日の10日前必着
応募連絡先
人材育成推進室 課長 土屋 和久
TEL:0267-82-3131(代表)
E-mailrinken@sakuhp.or.jp

医学生の方へメッセージ

  • 研修プログラム責任者(緩和ケア内科部長)山本 亮

佐久総合病院は2014年3月に、総合診療・地域医療を中心とした佐久総合病院(本院)と、高度先進医療や救急医療を中心とした佐久総合病院佐久医療センターに分割して新たなスタートを切りました。 当院での初期臨床研修は、この2つの病院を中心とした病院群を行き来しながら行います。それぞれの病院の特徴を活かしながら、実り多い研修ができるようプログラムを工夫していることが最大の特徴です。本院では、2年間を通じての総合外来研修や1次救急、在宅医療を経験します。佐久医療センターでは、各種専門医療、3次救急を学びます。さらに小海分院・診療所では地域の第一線医療の現場で地域包括ケアについて学びます。このように、いろいろな場を経験し、いろいろな考え方を知ることが医師としての視野を広げることにつながるのではないかと考えています。指導医層も全国各地の様々な大学出身であることも本院の大きな特徴の一つです。また看護師をはじめとした他職種との距離が近くコミュニケーションがとりやすいのも自慢です。是非一度見学に来てください。お待ちしています。

この病院の見学体験記

ブックマークを行うにはログインが必要です

気になる病院・研修プログラムはどんどんブックマークして、
あとから見返して比較したり、必要なときに行動できるようにしておこう!
このサイト上から資料請求や問合せが可能です。

まだ民間医局レジナビ会員でない方はこちら