1. TOP
  2. 研修情報を探す
  3. 名古屋市立大学医学部附属東部医療センター 泌尿器科後期研修プログラム
名古屋市立大学医学部附属東部医療センター

市中病院

名古屋市立大学医学部附属東部医療センター

なごやしりつだいがくいがくぶふぞくとうぶいりょうせんたー

泌尿器科後期研修プログラム

病院の早見表はこちら!

  • 指導医数(2016年度時点)

    2名

  • 在籍研修医数(2016年度時点)

    1名

    卒後4年次 1名

  • 給与

    卒後3年次(月給/年収)
    月給 453,000円/年収 7,500,000円

    卒後4年次(月給/年収)
    月給 472,000円/年収 7,700,000円

    卒後5年次(月給/年収)
    月給 492,000円/年収 8,000,000円

    詳細はこちら

  • 当直回数

    2回/月

採用関連情報

  • 病院見学実施日

    随時

  • 採用予定人数

    2人

  • 試験応募締切日

    ホームページで発表

  • 試験日程

    随時(詳細はホームページに記載)

この研修プログラムの特徴

当科の特色は、体腔鏡下手術をメインとしていることです。平成27年度の腹腔鏡手術は合計99件(前立腺27件、腎・尿管等72件)でした。現在、午前中からの手術が可能となり、一日2件の腹腔鏡手術を施行しています。スムースな手術プランが、手術件数の増加を呼んだようです。平成27年度からは外科系救急が本格的に開始されました。さらに、結石発作、結石性腎盂腎炎などの救急疾患の増加に伴い、尿路結石レーザー治療システムを本格的に導入しています。

こだわりポイント

  • 症例数が多い

  • 積極的に手技ができる

  • 指導体制が充実

  • その他

    内視鏡技術認定医が2名在籍

研修環境について

責任者
第一泌尿器科部長 丸山 哲史
責任者の出身大学
名古屋市立大学
当科病床数
25床
当科医師数
4.0名
当科平均外来患者数
83.9名/日
当科平均入院患者数
18.1名/日
在籍指導医(2016年度時点)
2名

主な出身大学
名古屋市立大学

専攻医・後期研修医(2016年度時点)
合計 1名

卒後4年次の専攻医・後期研修医数
1名(男性 1名)
主な出身大学
名古屋市立大学

カンファレンスについて
毎週月曜日夕刻
研修修了後の進路
当院での常勤雇用など

給与・処遇について

給与
卒後3年次(月給/年収)
月給 453,000円/年収 7,500,000円
卒後4年次(月給/年収)
月給 472,000円/年収 7,700,000円
卒後5年次(月給/年収)
月給 492,000円/年収 8,000,000円

時間外勤務手当あり(おおよその時間単価3,560円 深夜等の場合は加算あり)
医師賠償責任保険
団体加入(個人加入を推奨)
宿舎・住宅
あり
住宅補助 30,000円/月
自らが契約者となって、単独で家賃を負担している場合に支給
社会保険
協会けんぽ、厚生年金保険、雇用保険、労災保険に加入
福利厚生
休暇:有給年20日、夏期、慶弔、年末年始
学会補助
あり

研究研修費として支給(年間20万円)
当直回数
2回/月

当直料
25,000円/回

二次救急のみ30,000円/回
休日・有給
休日:土日祝日・年末年始、有給休暇:年間20日、夏季休暇:5日

病院見学・採用試験について

病院見学
病院見学実施日
随時
当直・救急見学:あり
見学時交通費補助:なし

臨床研修担当(resident@higashi-hosp.jp)あてメールにてご相談ください。
試験・採用
試験日程
随時(詳細はホームページに記載)
選考方法
面接、その他
採用予定人数
2人

その他:応募書類に基づく書類審査
応募関連
応募書類
医師免許証(写し)、履歴書(指定書式)、初期研修修了(見込み)証明書(詳しくは当院のホームページをご覧ください。)

応募締切
ホームページで発表
応募連絡先
管理課 宮田
TEL:052-721-7171
E-mailresident@higashi-hosp.jp

この病院の見学体験記

ブックマークを行うにはログインが必要です

気になる病院・研修プログラムはどんどんブックマークして、
あとから見返して比較したり、必要なときに行動できるようにしておこう!
このサイト上から資料請求や問合せが可能です。

まだ民間医局レジナビ会員でない方はこちら