社会医療法人 杏嶺会 一宮西病院
  • 市中病院

社会医療法人 杏嶺会 一宮西病院

いちのみやにしびょういん

画像 見学体験記 7件

一宮西病院 麻酔科後期研修プログラム 矢印他の研修プログラム

ブックマークボタン
この病院をブックマーク
問い合わせ矢印 見学申し込み矢印 資料請求矢印
Image thumb 1680faa0b6982e2f5760
Image thumb a95d7879d50cddd74009
Image thumb bcf2749af136b812aa18
Image thumb ad92dd2bd2b59063f4be
■ 病院情報ここをチェック!
指導医数
(2016年度時点)
2名
給与 卒後3年次(月給/年収)
月給 -円/年収 10,000,000円
当直回数 4回/月
■ 採用関連情報
病院見学実施日
随時
採用予定人数 2名
試験応募締切日
随時(応募受け付け時に試験日時を決定)

この研修プログラムの特徴

・目的

将来、日本麻酔学会麻酔認定医・専門医の取得を目指す医師を対象とする研修プログラムである。2年間の一般的な麻酔の研修を主に行い、終了時に麻酔科標榜医・麻酔学会麻酔認定医の資格を取得することができる。その後、専門医を目指すことができる一方、将来どのような進路をとっても役に立つ知識と技術を獲得することを目標とする。

・診療科概要

麻酔科医師数 11名(指導医2名、専門医3名、認定医4名)
手術室数 8室(うち、クラス100クリーンルーム2室)
年間麻酔科管理症例数  2681件(2015.1.1~2015.12.31)

・研修目標

研修1年目では指導医または専門医がマンツーマンで就きます。
その助言・指導の下、術前患者評価及び管理、術中管理、術後管理について学び、定型的な全身麻酔・硬膜外麻酔・脊髄くも膜下麻酔を担当できる知識と技術を養います。
麻酔科のオンコールを指導医師と共に担当してもらい、緊急手術の麻酔について学びます。

研修2年目になると、1年目で身につけた知識・技術・経験を生かし、一人で麻酔を担当してもらいます。重症症例・緊急症例など難易度の高い症例は指導医師の下で引き続き麻酔管理を行います。呼吸器外科・心臓外科・血管外科手術の麻酔も担当してもらいます。また週に1日、麻酔科術前外来を担当します。

・行動目標

1.術前管理

術前診察の問診内容(項目)を理解する。
術前検査結果の問題点を理解する。
麻酔前評価をできる。
麻酔前指示(前投薬・経口摂取制限等)をできる。
麻酔管理計画を立案できる。

2.麻酔管理

麻酔器・生体監視モニタなど、さらに手術に関連した機器も含めて熟知する。
麻酔記録に必要な情報を的確に絶え間なく入力できる。
麻酔薬をはじめとして関連薬剤の使用方法・副作用を理解する。
管理上の基本的手技に熟達する(エコーガイド下末梢神経ブロック・エコーガイド下中心静脈穿刺・経食道エコーを含む)。

3.術後管理

術後鎮痛法(持続硬膜外鎮痛、持続静脈鎮痛)を実践できる。
術後人工呼吸管理を実践できる。

URL

■ こだわりポイント

  • 症例数が多い
  • 積極的に手技ができる
  • 指導体制が充実
  • いろんな大学から集まる

研修環境について

責任者
麻酔科部長 坪内弘樹
責任者の出身大学
名古屋市立大学
当科医師数
11.0名
在籍指導医
(2016年度時点)
2名
主な出身大学 名古屋市立大学,岐阜大学

後期研修医
(2016年度時点)
合計 3名

卒後3年次の後期研修医数
-名 (男性 -名:女性 -名)
主な出身大学三重大学

卒後4年次の後期研修医数
2名 (男性 1名:女性 1名)
主な出身大学名古屋市立大学,滋賀医科大学

卒後5年次の後期研修医数
1名 (男性 -名:女性 1名)
主な出身大学三重大学

カンファレンスについて
毎朝開催
研修後の進路
一宮西病院常勤医師としての雇用
関連施設
上林記念病院 いまいせ心療センター 尾西記念病院 老人保健施設やすらぎ
留学の可能性
なし

給与・処遇について

給与
卒後3年次(月給/年収)
月給 -円/年収 10,000,000円
卒後4年次(月給/年収)
月給 -円/年収 11,000,000円
卒後5年次(月給/年収)
月給 -円/年収 12,000,000円

■賞与:年俸制によりなし
医師賠償責任保険
あり
宿舎・住宅
あり
住宅補助 70,000円/月

(家賃共益費駐車場合計の70%、70,000円限度)、敷金礼金等賃貸初期費用法人負担、引越代法人負担

社会保険
健康保険、厚生年金保険、労災保険、雇用保険
福利厚生
交通費支給(当院規定による)退職金、財形貯蓄制度、産休・育児休暇、愛知県および一宮市医師会加入費用全額負担、医師賠償責任保険加入費用負担、職員駐車場(無料)、当直時夕食・翌日の朝食支給、24時間託児所、会員制リゾートホテル、各種クラブ活動
学会補助
あり

年1回出張扱い(3泊4日まで)、その他病院を代表して発表する場合は補助。
当直回数
4回/月

麻酔、ICU当直
当直料
35,000円/回

卒後3~5年目:35,000円~
休日・有給
週休2日制(日曜日、他1日)祝日、年末年始5日、有給あり

病院見学・採用試験について

病院見学
病院見学実施日
随時
当直・救急見学:なし
見学時交通費補助:あり

病院見学は随時行っております。詳細は当院ホームページをご覧ください。
試験・採用
選考方法
面接
採用予定人数
2名
応募関連
応募書類
履歴書、保険医登録票、臨床研修修了証

応募締切
随時(応募受け付け時に試験日時を決定)
応募連絡先
人事部:富田 隆司
TEL:0586-48-0033
E-mail:r-tomida@anzu.or.jp

研修医の方へメッセージ

新しい病院ですが症例に富んでいます。
麻酔科部長/周術期における麻酔全般坪内 宏樹 出身大学 : 名古屋市立大学
当院は人口38万人の一宮市の田んぼのど真ん中に突然できた436床の新病院で、8年目を迎えました。麻酔科認定病院として、数多くの症例に携わった経験豊富な麻酔科医師が、各科との連携を密にしながら、麻酔管理を行っています。手術麻酔に際しては、主治医との緊密な連携のもと、入念な術前評価により合併症に応じた麻酔方法を決定しています。さらに硬膜外麻酔および鎮痛剤による術後疼痛の軽減に重きを置き、周術期をトータルに見渡しながら、EBM(根拠)に基づいた、安全で質の高い麻酔を提供することに努めています。

この病院の見学体験記みんなの見学体験記

もっと見るarrow
社会医療法人 杏嶺会 一宮西病院
ブックマークボタン
この病院をブックマーク
問い合わせ矢印 見学申し込み矢印 資料請求矢印