社会医療法人 杏嶺会 一宮西病院
  • 市中病院

社会医療法人 杏嶺会 一宮西病院

いちのみやにしびょういん

画像 見学体験記 5件

一宮西病院 ER型救急専門医後期研修プログラム 矢印他の研修プログラム

ブックマークボタン
この病院をブックマーク
問い合わせ矢印 見学申し込み矢印 資料請求矢印
Image thumb 3e5a91e15a6c67fde427
Image thumb 78e3bd4d26f0bce0a65f
Image thumb 7820e6ceb0348126377c
Image thumb e9b59548dca06c816aa1
■ 病院情報ここをチェック!
指導医数
(-年度時点)
2名
給与 卒後3年次(月給/年収)
月収 -円/年収 10,000,000円
当直回数 4回/月
■ 採用関連情報
病院見学実施日
随時
採用予定人数 2名
試験応募締切日
随時(応募受け付け時に試験日時を決定)
試験日程
随時

この研修プログラムの特徴

■指導医からのメッセージ
皆さんは救急科というとどんなイメージを持っていますか?

・救急車で来た患者を診察する医者
・夜働く医者
・なんでも診察する医者
・でも何が専門かよくわからない医者

いずれもアタリでもなければハズレでもありません。
器官系別に診療科が分類されることが多い日本の診療科の中で、救急科はある意味特殊な存在です。ともすれば専門性の低い便利屋とも思われがちな私達ですが、救急科が救急科足り得る価値をどこに置けばよいのでしょうか?

一つの例を挙げて考えてみましょう。お腹が痛い患者さんがいます。痛みが酷く非常に辛そうです。この患者が受診するべきなのはどの診療科でしょうか?虫垂炎なら外科?胃潰瘍で消化器科?もしかしたら尿管結石で泌尿器科?女性なら産婦人科?でも実は大動脈解離で心臓血管外科?考え始めたら私達医療従事者ですら分かりません。患者さんにとってはもっと分からないのではないでしょうか?

そんな時に「来るもの拒まず」の姿勢で対処する救急科というGeneralistがいれば、患者さんも、各科専門医にとってもSmoothに医療を提供することができるのではないかと考えております。

先にも述べましたが、一宮西病院救急科の基本姿勢は「来るもの拒まず」です。北米型ER施設でトレーニングを受けた2名の救急医が2014年4月より勤務し、この2名を中心として各科の協力を得ながら救急外来をも守っております。
「来るもの拒まず」の姿勢で、一緒に救急外来で切磋琢磨できる皆様とお会いできることを楽しみにしております。


■研修科概要
当院は愛知県尾張西部地域の2次救急施設として北米型ERシステムを採用した医療機関です。

年間の救急車搬入台数は4068台(2013年)であり、この数は増加傾向です。

救急科は内科疾患・外科疾患の区別なく、高齢者から小児まで、また軽症から重篤な患者まですべての患者の初期対応を行っております。北米型ERシステムを維持することが出来るのも各専門科のバックアップがあってこそのものであり、病院全体として救急医療に取り組んでおります。


■募集人員
若干名


■習得できる専門医資格
日本救急医学会認定救急科専門医の取得が可能です。


■研修年数
救急科後期研修は原則3年間ですが、1ヶ月単位で柔軟に変更・対応可能です。


URL

■ こだわりポイント

  • 積極的に手技ができる
  • 指導体制が充実
  • 施設設備が充実
  • on off がハッキリ

研修環境について

責任者
救急科副部長 渡邉 秀寿
責任者の出身大学
浜松医科大学
当科病床数
0床
当科医師数
2.0名
当科平均外来患者数
50.0名/日
在籍指導医
(-年度時点)
2名
主な出身大学 浜松医科大学,名古屋大学

研修後の進路
一宮西病院常勤医師として雇用可能
関連施設
上林記念病院 いまいせ心療センター 尾西記念病院、老人保健施設やすらぎ
留学の可能性
なし

給与・処遇について

給与
卒後3年次(月収/年収)
月収 -円/年収 10,000,000円
卒後4年次(月収/年収)
月収 -円/年収 11,000,000円
卒後5年次(月収/年収)
月収 -円/年収 12,000,000円

■賞与:年俸制のためなし
医師賠償責任保険
あり
宿舎・住宅
あり
住宅補助 70,000円/月

(家賃共益費駐車場合計の70%、70,000円限度)、敷金礼金等賃貸初期費用法人負担、引越代法人負担

社会保険
あり
福利厚生
交通費支給(当院規定による)退職金、財形貯蓄制度、産休・育児休暇、愛知県および一宮市医師会加入費用全額負担、医師賠償責任保険加入費用負担、職員駐車場(無料)、当直時夕食・翌日の朝食支給、24時間託児所、会員制リゾートホテル、各種クラブ活動
学会補助
あり

年1回出張扱い(3泊4日まで)、その他病院を代表して発表する場合は補助。
当直回数
4回/月

当直料
35,000円/回

卒後3~5年目:35,000円~
休日・有給
週休2日制(日曜日、他1日)祝日、年末年始5日、有給あり

病院見学・採用試験について

病院見学
病院見学実施日
随時
当直・救急見学:あり
見学時交通費補助:あり

病院見学は随時行っております。詳しくは当院ホームページをご覧ください。
試験・採用
試験日程
随時
選考方法
面接
採用予定人数
2名

採用予定:若干名
応募関連
応募書類
履歴書、保険医登録票、臨床研修修了証
応募締切
随時(応募受け付け時に試験日時を決定)
応募連絡先
人事部:富田 隆司
TEL:0586-48-0033
E-mail:r-tomida@anzu.or.jp
社会医療法人 杏嶺会 一宮西病院
ブックマークボタン
この病院をブックマーク
問い合わせ矢印 見学申し込み矢印 資料請求矢印