1. TOP
  2. 研修情報を探す
  3. 安曇野赤十字病院 安曇野赤十字病院群卒後臨床研修プログラム
安曇野赤十字病院

市中病院

安曇野赤十字病院

あづみのせきじゅうじびょういん

安曇野赤十字病院群卒後臨床研修プログラム

下記ボタンから申し込むと、施設へ連絡が届きます。

外来診察室での研修医
手術室での研修医
朝のカンファレンス

病院の早見表はこちら!

  • 指導医数(2017年度時点)

    34名

  • 初期研修医(2017年度時点)

    3名

    卒後1年次 0名

    卒後2年次 3名

  • 給与

    卒後1年次(月給/年収)
    月給 255,000円/年収 5,280,000円

    卒後2年次(月給/年収)
    月給 270,000円/年収 5,910,000円

    詳細はこちら

  • 当直回数

    1年次 0回/月
    2年次 2回/月

    1年次については6月以降週に1回程度半直業務あり(17:00~23:00)
    2年次について週1回程度、当直若しくは半直業務あり(当直は救急科選択時のみ)

採用関連情報

  • 病院見学実施日

    随時

  • 採用予定人数

    3名

  • 昨年度の受験者数

    1名

  • 試験日程

    8月を予定しています

この研修プログラムの特徴

*安曇野赤十字病院は、松本市から約12kmの地、間近に北アルプスの山並みを仰ぐ安曇野のほぼ中央にあり、自然環境と交通の便に恵まれた環境の中で臨床研修ができます。
*当院の救急車応需件数は年間約2,700件を占め、松本広域医療圏内二番目の二次救急病院です。また、安曇野市で唯一の公的医療機関として地域の基幹病院の機能を担っている病床数320床の急性期型病院であり、その診療守備範囲は安曇野市全域、北安曇郡南部、東筑摩郡北部の1市2郡にまたがり、対象人口は10万人余りです。年間救急患者数は、一次対応患者を含めると約11,000人余りを数えています。このため、救急疾患(脳血管系疾患、骨折・胸部外傷・腹部外傷・熱傷・凍傷・山岳遭難を含めた各種損傷、急性心筋梗塞・不安定狭心症等の循環器系疾患、呼吸器疾患、腹部救急等)の疾患ならびにそれらの重傷度は多岐にわたり、当院は、救急医療のプライマリ・ケア研修の場としても相応しい医療機関です。
*当院は、各診療科間の横の連携を特に大切にしているので、内科系・救急医療の必修科目、外科・麻酔・小児科科の選択必須科目それぞれにおいて効率的に研修を積むことが可能です。なお、選択必須科目の、産婦人科は当院の協力病院(信州大学医学部附属病院)で、精神科ならびに地域医療は、当院の協力病院(城西病院、ミサトピア小倉病院)と協力施設(城西医療財団:安曇野メディア・白馬メディア・神城病院)で行われます。
*毎月1回、臨床研修カンファレンス、内科合同カンファレンス(毎週火曜日)、心電図ランチカンファレンス(定期)、朝の勉強会(毎週)
*病院ならびに委員会主催の各種研修会・講演会・大会(医療安全管理大会)等も盛んで、また、安曇野市医師会との共催による「安曇野病診連携懇話会」も開かれ、地域医療機関との緊密な連携を保っています。これらに参加することは、研修医が医療人としての基本姿勢・資質を培う上でも有効です。
*診療科別の研修カリキュラムは、「選択科目」としての研修(各年次3ヶ月)を考慮して策定されています。カリキュラム紹介では必須科目としての1ヶ月のコースと、当該診療科を選択科目として選択した場合を考慮して、より長い3月間程度のコースでの到達目標も明示しました。

研修病院タイプ
基幹型 協力型
URL

http://www.azumino.jrc.or.jp

こだわりポイント

  • 女性医師サポートあり

安曇野赤十字病院群卒後臨床研修プログラム

4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月
1年次内科選択救急
2年次選択地域必須選択外科救急選択
  1. 1年次
  1. 4月
  2. 5月
  3. 6月
  4. 7月
  5. 8月
  6. 9月
  7. 10月
  8. 11月
  9. 12月
  10. 1月
  11. 2月
  12. 3月

内科

選択

救急

  1. 2年次
  1. 4月
  2. 5月
  3. 6月
  4. 7月
  5. 8月
  6. 9月
  7. 10月
  8. 11月
  9. 12月
  10. 1月
  11. 2月
  12. 3月

選択

地域

必須選択

外科

救急

選択

スケジュールを

選択については内科、循環器内科、消化器内科、神経内科、外科、整形外科、脳神経外科、耳鼻咽喉科、泌尿器科、小児科、麻酔科、救急、眼科より選択可能。1科の研修期間は1ヶ月以上。
必須選択の1ヶ月は小児科、麻酔科、精神科、産婦人科より1科選択。研修期間は1ヶ月とする。
病院必修として外科を1ヶ月選択。
※ 地域・精神科は城西病院にて研修、産婦人科は信州大学医学部附属病院にて研修

研修環境について

在籍指導医(2017年度時点)
合計 34名

主な出身大学
北海道大学, 福島県立医科大学, 千葉大学, 埼玉医科大学, 順天堂大学, 山梨大学, 新潟大学, 信州大学, 富山大学, 浜松医科大学, 藤田医科大学, 島根大学, 佐賀医科大学

臨床経験7年目以上の指導医 40名
臨床研修指導医養成会終了 34名
在籍初期研修医(2017年度時点)
合計 3名

卒後1年次の初期研修医数
0名(男性 0名:女性 0名)
主な出身大学
信州大学, 高知大学

卒後2年次の初期研修医数
3名(男性 0名:女性 3名)
主な出身大学
岩手医科大学, 信州大学

1年次 2名(内信州大学たすき2名)2年次 4名(内信州大学たすき1名)
在籍専攻医・後期研修医(2017年度時点)
合計 0名

当直体制
対応医師数
研修医 1名、研修医以外の当直医 2名
開始時期
4月

2年次のみ当直あり
カンファレンスについて
臨床研修カンファレンス(毎月1回)、内科合同カンファレンス(毎週火曜)
心電図ランチカンファレンス(定期)、朝の勉強会(毎週)        
協力型施設
信州大学、城西病院
研修修了後の進路
当院での後期研修、信州大学等での後期研修
関連大学医局
信州大学

給与・処遇について

給与
卒後1年次(月給/年収)
月給 255,000円/年収 5,280,000円
卒後2年次(月給/年収)
月給 270,000円/年収 5,910,000円

<給与>
1年次:基本給のみ(月給)
2年次:基本給のみ(月給)
年収:時間外手当・当直料・通勤手当等含む(昨年実績)
医師賠償責任保険
病院自体の加入個人加入は任意の加入
宿舎・住宅
あり
住宅補助 28,500円/月
住宅手当 28,500円上限
社会保険
全国健康保険協会、厚生年金、厚生年金基金、雇用保険
福利厚生
日本赤十字社の全国的福利厚生事業(ベネフィット・ワン加入)の利用
学会補助
あり

出張手当に準じた交通費等のみ
当直回数
1年次 0回/月
2年次 2回/月

1年次については6月以降週に1回程度半直業務あり(17:00~23:00)
2年次について週1回程度、当直若しくは半直業務あり(当直は救急科選択時のみ)
当直料
1年次 10,000円/回
2年次 16,000円/回

休日・有給
休日については土曜日・日曜日・祝日・年末年始・創立記念日(5月1日)
有給については1年目10日、以降年に1日づつ増す。

病院見学・採用試験について

病院見学
病院見学実施日
随時
当直見学:なし
見学時交通費補助:なし
試験・採用
試験日程
8月を予定しています
選考方法
面接、筆記、小論文
採用予定人数
3名

■選考方法:筆記試験(小論文)・書類・面接試験
昨年度の受験者数
1名
応募関連
応募書類
履歴書、健康診断書、卒業(見込)証明書、成績証明書

応募締切
2017年7月末予定
応募連絡先
土屋 聡巳
TEL:0263-72-3170
E-mailmed-clerk@azumino.jrc.or.jp

医学生の方へメッセージ

研修医からのメッセージ

  • 1年次研修医渡邉 昌孝
  • 出身大学:高知大学

安曇野赤十字病院の研修1年目、渡邉です。当院は豊かな自然に囲まれた、地域医療を担う地方中核病院です。安曇野市から大町・白馬まで広域医療を担う2次病院でもあります。Common Acute Diseaseから専科対応が必要な疾患まで幅広く受け入れており、さまざまな疾患を経験できます。診療科は内科をはじめ19の診療科を選択し研修できます。これらの研修をしながら、初期研修で必要であろう救急は年間通して決まった研修時間をすることになっておりますので、救急を重点的に学びたい人にもおすすめできます。当直制度については研修医ひとりだけで対応することなく、必ず救急科専門医の指導のもとで初療を行うシステムとなっていますので、常に症例についてディスカションを行えますし、判断に迷う症例はいつでも相談できます。病院全体の雰囲気もアットホームで、子持ち研修医が複数います。自然が好きな方、地方中核病院で研修してみたい方、ぜひ当院で研修してみてはいかがですか。

高齢者を通してcommon disease に対する守備範囲を広げましょう

  • 院長補佐 指導医、第一内科部長床尾 万寿雄
  • 出身大学:浜松医科大学

高齢化社会に一致して、患者さんは急速に高齢化しています。これに呼応して、臓器別の専門医療以外にも総合診療的な医療の比重が高まっています。守備範囲を広げるには高齢患者さんを通じた日常的な診療で様々な疾患を経験することが一番です。これに相応しい多くの症例があり、100歳を超えて入院され、自宅に戻られる患者様もいます。

プログラム名を選択してください0件プログラムが登録されています
ブックマークを行うにはログインが必要です

気になる病院・研修プログラムはどんどんブックマークして、
あとから見返して比較したり、必要なときに行動できるようにしておこう!
このサイト上から資料請求や問合せが可能です。

まだ民間医局レジナビ会員でない方はこちら