岩手県立釜石病院
  • 市中病院

岩手県立釜石病院

いわてけんりつかまいしびょういん

釜石病院いわてイーハトーヴ前期臨床研修プログラム

Image thumb 165898ab6997039503f7
マンツーマンの指導で、思いやる人間愛を習得します。
Image thumb a492228b04d1a480d31a
病院連携の推進のために症例検討会を開催しています。
■ 病院情報ここをチェック!
指導医数
(2019年度時点)
8名
給与 卒後1年次(月給/年収)
月給 360,000円/年収 5,500,000円
当直回数 1年次3回/月
■ 採用関連情報
病院見学実施日
随時
試験日程
8月中旬

この研修プログラムの特徴

(1)あたたかい環境の中で医師としての人間性を涵養
(2)プライマリ・ケアにおける基本的な診療能力の修得
(3)チーム医療(コラボレーション)の重要性の認識
(4)地域医療に必要な保健、福祉との連携と在宅医療の実践
(5)専門医への適時適切な紹介、引きわたしができる技量、判断力の獲得に力を注いでいる

研修病院タイプ
基幹型 協力型
URL

■ こだわりポイント

  • 福利厚生が充実
    研修医用公舎を整備しており、スポーツ交流も積極的に行っています。24時間対応保育所も敷地内にあります。
  • 指導体制が充実
    研修医一人につき、指導医一人のマンツーマン研修を受けることができます。
  • 救急充実
    釜石保健医療圏における救急搬送のほとんどを受入れており、様々な症例を学ぶことができます
  • その他
    地域内医師会のつながりが大きく、在宅医療など地域医療の研修が可能です。

必修科目から開始する研修スケジュール(例)

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年次 選択 内科 救急 外科 小児科 産婦人科
2年次 地域医療 精神 救急 選択
 
*2年次にしか開始できない科目を除き、1年次で開始する科目は自由である
(例)1.希望科(選択)から開始する研修スケジュール、2.選択必修から開始する研修スケジュール、3.救急部門から開始する研修スケジュール

研修環境について

在籍指導医
(2019年度時点)
合計 8名

主な出身大学 弘前大学, 岩手医科大学, 秋田大学, 山形大学, 獨協医科大学, 自治医科大学, 大阪医科大学

■常勤医師数:19名
■指導医の主な出身大学:岩手医大、自治医大
在籍初期研修医
(2019年度時点)
合計 1名

卒後1年次の初期研修医数
-名 (男性 -名:女性 -名)
主な出身大学 岩手医科大学

卒後2年次の初期研修医数
1名 (男性 1名:女性 -名)
主な出身大学 岩手医科大学

当直体制
対応医師数
研修医 1名、研修医以外の当直医 1名
開始時期
1年次10月から

協力型施設
岩手県立大船渡病院、岩手県立大槌病院
研修修了後の進路
■後期研修プログラムあり■研修修了後の進路岩手県立釜石病院、岩手医科大学附属病院。
関連大学医局
岩手医科大学、自治医科大学

給与・処遇について

給与
卒後1年次(月給/年収)
月給 360,000円/年収 5,500,000円
卒後2年次(月給/年収)
月給 410,000円/年収 6,100,000円

<給与>
1年次:(超過勤務手当は実績分支給)
2年次:(超過勤務手当は実績分支給)
<賞与>
1年次:なし
2年次:なし
医師賠償責任保険
病院賠償責任保険加入(個人加入は任意)
宿舎・住宅
あり

Thumb 078a79134ba0b7ce5d72 Thumb 1a3d4cbb9ee710f840bd

社会保険
全国健康保険協会、厚生年金保険、雇用保険あり
福利厚生
有給休暇・・年次休暇:1年次10日、2年次11日、夏季休暇5日、病気休暇10日以内、健康診断年2回
当直回数
1年次 3回/月
2年次 3回/月

当直料
1年次 10,500円/回
2年次 21,000円/回

(超過勤務手当(実働分)、宿日直手当(1回につき、1年次10,000円・2年次20,000円))

病院見学・採用試験について

病院見学
病院見学実施日
随時
当直見学:あり
見学時交通費補助:あり

試験・採用
試験日程
8月中旬
選考方法
面接

■選考方法:面接試験
応募関連
応募書類
・「岩手県臨床研修病院合同面接会」に参加すること。・開催日程は8月中旬。・問合せ先、「岩手県医師支援推進室」 電話 019-629-6352

応募締切
例年7月初旬
応募連絡先
事務局次長:荒川 茂幸
TEL:0193-25-2011
E-mail:resident@kamaishi-hp.com

医学生の方へメッセージ

医療研修科長坂下 伸夫 出身大学 : 自治医科大学
医師を志した皆様、これからの臨床研修にいろいろと不安もあると思います。これからの長い医師生活を考えると、この2年間はどういう時期であるかをもう一度認識してください。医療が細分化した現代では、この2年間で最先端医療を見学するよりは、医療の本質である患者とのかかわりや地域医療の現場での医師の仕事の重要性を感じていただきたいと考えております。もうひとつ大事なことは、指導医、看護職や病院スタッフとのコラボレーションです。幸い、当院は各職種との良好な関係があり、ストレスもなく伸び伸びと研修ができます。ぜひ、良好な環境で研修生活を送りましょう。
岩手県立釜石病院