1. TOP
  2. 研修情報を探す
  3. 国立病院機構 函館病院 -
国立病院機構 函館病院

市中病院

国立病院機構 函館病院

こくりつびょういんきこう はこだてびょういん

-

下記ボタンから申し込むと、施設へ連絡が届きます。

病院の早見表はこちら!

  • 指導医数(2016年度時点)

    21名

  • 初期研修医(2018年度時点)

    3名

    卒後1年次 2名

    卒後2年次 1名

  • 給与

    卒後1年次(月給/年収)
    月給 480,000円

    卒後2年次(月給/年収)
    月給 570,000円

    詳細はこちら

  • 当直回数

    1年次 0回/月
    2年次 3回/月

    2年次からあり

採用関連情報

  • 病院見学実施日

    随時

  • 採用予定人数

    5名

  • 昨年度の受験者数

    2名

  • 試験日程

    随時

この研修プログラムの特徴

すべての初期研修医がプライマリ・ケアを中心に幅広く医師として必要な診断能力を身につけて、人格を滋養することを目的としている。病床数は305と中規模であり各科の医師間の疎通はスムースであり、適切な指導体制のもときめ細やかな指導が行える。地域医療連携室を通じて、地域医療連携の研究会や教育講座を定期的に開催して病診連携は緊密であり、また函館市内輪番制2次救急に参加して、多彩な救急を診ることができる。救急3ヵ月の研修期間中、2ヵ月は札幌市の国立病院機構北海道医療センターまたは宮城県仙台市の国立病院機構仙台医療センターでの選択制で行う。国立病院機構のネットワークを最大限活用して自由選択科目を充実させた。地域保健医療については、奥尻国保病院(離島)、せたな町立国保病院、国立病院機構八雲病院の選択制である。このように、プライマリ・ケアの研修として、急性期から慢性期まで幅広く研修できる。初期臨床研修後、さらに後期臨床研修コースのプログラムがあり、常勤職員として専門医研修を受けることができる。

研修病院タイプ
基幹型 協力型
URL

http://hnh-hosp.jp/kenshui/

こだわりポイント

  • 症例数が多い

  • 福利厚生が充実

  • 指導体制が充実

  • 女性医師サポートあり

国立病院機構函館病院卒後臨床研修プログラム

2年という短い期間マンツーマン体制で手厚く指導していきます

4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月
1年次内科自由選択外科救急
2年次自由選択地域自由選択自由選択(当院)
  1. 1年次
  1. 4月
  2. 5月
  3. 6月
  4. 7月
  5. 8月
  6. 9月
  7. 10月
  8. 11月
  9. 12月
  10. 1月
  11. 2月
  12. 3月

内科

自由選択

外科

救急

  1. 2年次
  1. 4月
  2. 5月
  3. 6月
  4. 7月
  5. 8月
  6. 9月
  7. 10月
  8. 11月
  9. 12月
  10. 1月
  11. 2月
  12. 3月

自由選択

地域

自由選択

自由選択(当院)

スケジュールを

研修環境について

在籍指導医(2016年度時点)
合計 21名

主な出身大学
旭川医科大学, 札幌医科大学, 北海道大学

在籍初期研修医(2018年度時点)
合計 3名

卒後1年次の初期研修医数
2名
主な出身大学
旭川医科大学, 札幌医科大学, 北海道大学, 福島県立医科大学

卒後2年次の初期研修医数
1名(男性 1名:女性 0名)
主な出身大学
旭川医科大学, 札幌医科大学, 北海道大学, 福島県立医科大学

在籍専攻医・後期研修医(2016年度時点)
合計 3名(男性 1名:女性 2名)

主な出身大学
旭川医科大学, 札幌医科大学, 北海道大学

当直体制
対応医師数
研修医 1名、研修医以外の当直医 2名
開始時期
2年次の当院での研修期間中

月2~3回
研修修了後の進路
相談に応じる

給与・処遇について

給与
卒後1年次(月給/年収)
月給 480,000円
卒後2年次(月給/年収)
月給 570,000円

<給与>
1年次:(超過勤務手当、当直手当を含む)
2年次:(超過勤務手当、当直手当を含む)
<賞与>
状況により
宿舎・住宅
あり
宿舎 13,300円/月

病院敷地内月13,300円
社会保険
健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労働者災害補償
学会補助
あり

演題発表を行う場合、旅費の補助あり
当直回数
1年次 0回/月
2年次 3回/月

2年次からあり
当直料
2年次 20,000円/回

休日・有給
休日 土、日、祝日(基本)
有給休暇 年20日(4月~3月)

病院見学・採用試験について

病院見学
病院見学実施日
随時
当直見学:なし

見学時交通費補助は要相談
試験・採用
試験日程
随時
選考方法
面接
採用予定人数
5名
昨年度の受験者数
2名
応募関連
応募書類
所定の書式にて

応募連絡先
管理課・庶務班長
TEL:0138-51-6281
E-mailshomuhan@hnh.hosp.go.jp

医学生の方へメッセージ

  • 副院長米澤 一也
  • 出身大学:北海道大学

一人ひとりの研修医に対して、各自の要望を取り入れながら、マンツーマンに近い形で指導いたします。研修医時代には将来進もうとする分野を体験しておくことはもちろん有意義ですが、それ以上に各科での研修がその後の大きな宝になると思います。病院全体として研修をサポートする環境にあり、指導医にとっても研修医との関わりは大きな財産になりますので、ぜひいろいろなことに興味を持って色々なディスカッションをしながら、知識と考える力を蓄えていただきたいと思います。

  • 病院長加藤 元嗣
  • 出身大学:北海道大学

国立病院機構の1病院として、臨床研修医の教育を最重要課題として取り組んでいます。当院は310床と中規模の病院で、指導医は約21名であり各科にすぐ相談できる風通しの良い体制です。少数ですがその分一人ひとりきめ細かく指導を行います。院長・副院長・臨床研修プログラム委員長との定期的な意見交換を行い、プログラムの充実と大切な自分自身の健康にも十分配慮して、2年間を意義ある楽しい研修ができるように心がけています。また、初期研修終了後は、専門医取得のために当院が連携施設となっている基幹病院を紹介できますが、若い医師にとって、タイプの異なる複数の施設を経験すること、なかでも一定の期間、大学という場に身をおくことが、その後の医師としてのキャリア形成において得るものが多いと考えます。
専門医・学位を取得した後は指導的な立場として、当院に戻って来ていただくことを期待しております。

プログラム名を選択してください0件プログラムが登録されています
ブックマークを行うにはログインが必要です

気になる病院・研修プログラムはどんどんブックマークして、
あとから見返して比較したり、必要なときに行動できるようにしておこう!
このサイト上から資料請求や問合せが可能です。

まだ民間医局レジナビ会員でない方はこちら