岩手医科大学附属病院
  • 大学病院

岩手医科大学附属病院

いわていかだいがくふぞくびょういん

【新専門医制度】岩手医科大学附属病院小児科専攻医プログラム 矢印他の研修プログラム

ブックマークボタン
この病院をブックマーク
矢印 見学申矢印 資料請求矢印
Image thumb a9ee00ecf4557649c1c7
Image thumb 8191a4d20ea73b2b2706
■ 病院情報ここをチェック!
指導医数
(2018年度時点)
20名
在籍研修医数
(2018年度時点)
卒後3年次の在籍研修医数
1名
給与 卒後3年次(月給/年収)
月給 280,000円/年収 -円
当直回数 4回/月
■ 採用関連情報
病院見学実施日
随時受付(要連絡)
採用予定人数 9名
試験日程
2018年9月予定

専門研修・サブスペシャルティ

診療科:小児科

基幹施設/連携施設
基幹施設
基幹施設: 岩手医科大学附属病院
連携施設
岩手県立釜石病院岩手県立磐井病院岩手県立二戸病院盛岡赤十字病院岩手県立中央病院岩手県立久慈病院岩手県立大船渡病院社会福祉法人恩賜財団済生会 北上済生会病院岩手県立宮古病院八戸赤十字病院、みちのく療育園、かづの厚生病院、川久保病院、もりおかこども病院、岩手県立療育センター

各連携施設の研修可能性を見るアイコン
ローテーションスケジュール
ローテーション・スケジュールを見るアイコン
症例数
症例数を見るアイコン
サブスペシャルティ
周産期専門医・新生児(日本周産期新生児医学会)、小児循環器専門医(日本小児循環器病学会)、小児血液・がん専門医(日本小児血液がん学会)、小児神経専門医(日本小児神経学会)

■ 診療科情報

診療科名 病床数 医師数 指導医数 平均外来患者数 平均入院患者数
小児科 70床 22.0名 20.0名 71.9名/日 64.6名/日
その他の診療科情報はこちらアイコン

この研修プログラムの特徴

小児科専門医を取得するためには、年齢・領域に偏りがない専門研修を行うことが必要です。当院には小児の専門医療施設として、総合周産期母子医療センター新生児集中治療室、小児病棟(無菌室併設)、循環器医療センター、高度救命救急センター、予防接種センターがあります。初期研修終了後に、各専門診療グループ(新生児、循環器、血液・腫瘍、神経、腎臓、消化器、アレルギー、内分泌)を専攻医数名が重複しないように、3か月から6か月ごとにローテートします。この間に指導医とともに外来診療と高度救命救急センター夜間診療に従事します。また、小児に頻度の高いcommon diseaseや小児保健全般に関わる研修は、16か所ある関連病院の中で1年間に3か月から6か月行います。以上を3年間かけて研修することで、プライマリ・ケアから高度医療までを一人で実践できる小児科医を目標にしたプログラムになっています。岩手県の面積は、東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県を合わせた面積よりも大きいため、当院では、医療情報通信技術を活用して、地域関連施設との間でネットワークシステムを構築しています。電子カルテの端末と一体化したテレビ会議システムを利用して医療支援を行うとともに、当科の症例検討会等には遠隔地域関連病院に勤務中であっても参加することが可能で、若手医師の教育に役立っています。
小児科専門医受験者は、査読がある雑誌に筆頭著者として最低1編の論文掲載が必須です。各専門グループで経験した症例は積極的に学会発表および論文作成ができるように指導しています。大学病院の特性を活かし、大学院に在籍しながら専攻医プログラムを遂行することが可能なプランも準備しています。

URL

■ こだわりポイント

  • 関連病院が多い
  • 症例数が多い
  • 指導体制が充実
  • 女性医師サポートあり

■ 岩手医大小児科専攻医週間スケジュール

当プログラムでは様々な知識・技能の習得機会(教育的行事)を設けています。

朝カンファ・病棟回診
朝カンファ・病棟回診
朝カンファ・病棟回診
朝カンファ・病棟回診
朝カンファ・病棟回診
午前
外来
学生・初期研修医の指導
外来
学生・初期研修医の指導
外来
学生・初期研修医の指導
外来
学生・初期研修医の指導
外来
学生・初期研修医の指導
午後
病棟 専門外来
学生・初期研 修医の指導
総回診
病棟 専門外来
学生・初期研 修医の指導
病棟 専門外来
学生・初期研 修医の指導
病棟 専門外来
学生・初期研 修医の指導
夕方
チーム夕回診
抄読会
チーム夕回診
チーム夕回診
チーム夕回診
当直が週1回あります。

研修環境について

責任者
赤坂真奈美・岩手医科大学小児科学講座講師
責任者の出身大学
自治医科大学
当科病床数
70床
当科医師数
22.0名
当科平均外来患者数
71.9名/日
当科平均入院患者数
64.6名/日
在籍指導医
(2018年度時点)
20名
主な出身大学 弘前大学,岩手医科大学,秋田大学,山形大学,自治医科大学,埼玉医科大学,聖マリアンナ医科大学

専攻医・後期研修医
(2018年度時点)
合計 8名

卒後3年次の専攻医・後期研修医数
1名 (男性 1名:女性 -名)
主な出身大学岩手医科大学

卒後4年次の専攻医・後期研修医数
5名 (男性 4名:女性 1名)
主な出身大学弘前大学,岩手医科大学

卒後5年次の専攻医・後期研修医数
2名 (男性 2名:女性 -名)
主な出身大学岩手医科大学,山形大学

カンファレンスについて
毎朝新入院プレゼンテーションおよび全体カンファレンスがあります。毎月関連病院とTV会議遠隔合同勉強会を行っています。
留学の可能性
あり

給与・処遇について

給与
卒後3年次(月給/年収)
月給 280,000円/年収 -円
卒後4年次(月給/年収)
月給 280,000円/年収 -円
卒後5年次(月給/年収)
月給 280,000円/年収 -円

月給280,000円の内訳:基本給200,000円、研修調整手当80,000円
大学院の研究専従期間中は無給となります。(卒後3年次~)
宿日直手当、特別診療手当(時間外診療)あり。
賞与:年2回(6月、12月に月給額の1か月分を支給)
医師賠償責任保険
病院として適用あり。個人としては医師会などに任意加入。
宿舎・住宅
なし

社会保険
日本私立学校振興共済事業団(健康保険、年金保険)、労働者災害補償保険、雇用保険に加入。
福利厚生
年次有給休暇、年末年始休暇、リフレッシュ休暇等、大学規程による。
健康診断を年2回実施。
当直回数
4回/月

病院見学・採用試験について

病院見学
病院見学実施日
随時受付(要連絡)
当直・救急見学:あり
見学時交通費補助:あり

試験・採用
試験日程
2018年9月予定
選考方法
面接
採用予定人数
9名

募集および試験日程は日本専門医機構専攻医募集スケジュールに準じる
応募連絡先
赤坂真奈美
TEL:019-651-5111
E-mail:manami-imed@umin.net
岩手医科大学附属病院
ブックマークボタン
この病院をブックマーク
矢印 見学申矢印 資料請求矢印