1. TOP
  2. 研修情報を探す
  3. 星総合病院 公益財団法人星総合病院臨床研修プログラム
星総合病院

市中病院

星総合病院

ほしそうごうびょういん

    公益財団法人星総合病院臨床研修プログラム

    下記ボタンから申し込むと、施設へ連絡が届きます。

    更新日:2021/12/10

    病院の早見表はこちら!

    • 指導医数(2021年度時点)

      44名

    • 初期研修医(2021年度時点)

      15名

      卒後1年次 8名

      卒後2年次 7名

    • 給与

      卒後1年次(月給/年収)
      月給 423,100円/年収 6,134,950円

      卒後2年次(月給/年収)
      月給 453,100円/年収 6,796,500円

      詳細はこちら

    • 当直回数

      1年次 3回/月
      2年次 4回/月

      研修医の数により変動あり。

    採用関連情報

    • 病院見学実施日

      随時(休診日を除く)

    • 採用予定人数

      8名

    • 昨年度の受験者数

      19名

    • 試験日程

      試験日程は8月予定

    この研修プログラムの特徴

    当院は地域医療支援病院として、地域の医療機関との連携を図り急性期から在宅医療・精神科医療まで幅広く医療を提供しています。郡山市二次救急輪番制に参加しており、救急医療についても幅広く症例を経験できます。
    当院のプログラムでは、原則各診療科1~3名でローテーションを組みます。マンツーマンで指導を受けることができ、経験できる手技も豊富です。選択研修期間は32週設定しており、2年次9月までに12週分配置しています。興味のある様々な科の経験や必修科の学びを深める時間として活用していただけるでしょう。
    当院の特徴としては医局が1つであること。『垣根を越えた』指導医や先輩医師との交流は、様々な科をローテートする上でとても重要です。予めひとつの医局で指導医や先輩医師と過ごす時間は慣れない環境での研修を支えてくれます。もちろん、研修医だけのスペースも確保しており、研修医同士のコミュニケーションも活発です。また、病院や医局の行事への参加も医師同士だけでなく、他職種との交流に一役買っています。毎年行われる法人全体の忘年会での芸能大会などは大変見ものです。
    当院は、平成25年1月に新病院へ移転しました。JR郡山駅(東北新幹線停車駅)から徒歩8分ほどのところにあり、郡山駅東ショッピングモールと隣接しているため衣・食・住、全てに大変便利な場所です。単身者用住宅も徒歩10分の場所にあり、家電製品やインターネット環境も整っています。生活環境も医療環境も整え、さらにより良い研修を行えるようすすめております。

    研修病院タイプ
    基幹型 協力型
    URL

    http://www.hoshipital.jp

    こだわりポイント

    • 症例数が多い

    • 福利厚生が充実

    • 手技に積極的

    • 女性医師サポートあり

    星総合病院卒後臨床研修プログラム

    4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月
    1年次内科(24週)救急(16週)外科(4週)麻酔科(4週)
    2年次地域医療(4週)産婦人科(4週)小児科(4週)精神科(4週)選択科目
    1. 1年次
    1. 4月
    2. 5月
    3. 6月
    4. 7月
    5. 8月
    6. 9月
    7. 10月
    8. 11月
    9. 12月
    10. 1月
    11. 2月
    12. 3月

    内科(24週)

    救急(16週)

    外科(4週)

    麻酔科(4週)

    1. 2年次
    1. 4月
    2. 5月
    3. 6月
    4. 7月
    5. 8月
    6. 9月
    7. 10月
    8. 11月
    9. 12月
    10. 1月
    11. 2月
    12. 3月

    地域医療(4週)

    産婦人科(4週)

    小児科(4週)

    精神科(4週)

    選択科目

    スケジュールを

    救急部門研修では整形外科、脳神経外科、外科を回りながら救急対応を学びます。また、年間を通して救急指定日等の夜間救急研修を実施します。
    研修医によってローテーションの順番は異なります。

    研修環境について

    在籍指導医(2021年度時点)
    合計 44名

    主な出身大学
    弘前大学, 福島県立医科大学, 自治医科大学, 信州大学, その他, 岩手医科大学, 獨協医科大学, 昭和大学, 東京医科大学, 東邦大学, 聖マリアンナ医科大学, 東海大学, 島根医科大学, 産業医科大学

    在籍初期研修医(2021年度時点)
    合計 15名

    卒後1年次の初期研修医数
    8名(男性 4名:女性 4名)
    主な出身大学
    福島県立医科大学

    卒後2年次の初期研修医数
    7名(男性 3名:女性 4名)
    主な出身大学
    福島県立医科大学, 愛知医科大学

    当直体制
    対応医師数
    研修医 4名、研修医以外の当直医 8名
    開始時期
    5月中旬より開始

    外科当直・内科当直に分かれ、それぞれ指導医・2年次研修医・1年次研修医で当直に入る。当直は時間割制。
    カンファレンスについて
    症例検討会(年3回程度)・カテカンファレンス(週1回程度)・外科カンファレンス(週1回程度)、消化器カンファレンス(週1回)、研修医症例カンファレンス(月2回)、医局会(月2回)など
    協力型施設
    星ヶ丘病院(精神科)、三春町立三春病院(指定管理)、公立小野町地方綜合病院、福島県立医科大学、介護老人保健施設オリオン、その他多数
    研修修了後の進路
    各医大での専門医研修または、科目により当院で専門医研修をすることも可能(詳細は要相談)。
    関連大学医局
    福島県立医科大学, 東邦大学

    給与・処遇について

    給与
    卒後1年次(月給/年収)
    月給 423,100円/年収 6,134,950円
    卒後2年次(月給/年収)
    月給 453,100円/年収 6,796,500円

    <給与>
    1年次:当直手当等別途支給
    2年次:当直手当等別途支給
    <賞与>
    1年目: 1,057,750円(税込)/年
    2年目: 1,359,300円(税込)/年
    医師賠償責任保険
    任意加入
    宿舎・住宅
    あり
    引越し費用の補助あり(上限あり)

    社会保険
    各種保険あり
    福利厚生
    忘年会・職員旅行・共済会制度・単身者用住宅・院内保育所 など
    学会補助
    あり

    参加費・旅費支給あり
    当直回数
    1年次 3回/月
    2年次 4回/月

    研修医の数により変動あり。
    当直料
    1年次: 16,500円/回(救急指定日)・11,000円(通常日)/回
    2年次: 24,750円/回(救急指定日)・20,000円(通常日)/回
    休日・有給
    年110日以上(週2日程度)、有休 1年次10日、2年次11日

    病院見学・採用試験について

    病院見学
    病院見学実施日
    随時(休診日を除く)
    当直見学:あり
    見学時交通費補助:あり

    お盆期間中、年末年始、年度末年度初めは、診療日であっても事情により見学をお受けできない可能性があります。まずはご相談下さい。
    試験・採用
    試験日程
    試験日程は8月予定
    選考方法
    面接、小論文
    採用予定人数
    8名
    昨年度の受験者数
    19名
    応募関連
    応募書類
    履歴書(当院ホームページよりダウンロード)・卒業(見込み)証明書・成績証明書

    応募締切
    当院ホームページ参照
    応募連絡先
    教育研修センター 芳賀
    TEL:024-983-5524
    E-mailkensyui@hoshipital.jp

    医学生の方へメッセージ

    • 院長(日本乳癌学会専門医)野水 整(1979年卒)
    • 出身大学:信州大学

    当法人は1925 年に開設し、今年で創立90年を迎えます。臨床研修の基幹病院となる当院をはじめ、精神科単科病院の星ヶ丘病院、地域医療を担う三春病院など、幅広い分野のグループ施設を運営しています。2013年1月には当院が移転新築し、より充実した学びの環境が整備されました。初期臨床研修は、医師として、医療人としての土台をつくる貴重な2年間となります。当院ではCommon Diseaseだけでなく、救急疾患についても幅広く学び、プライマリ・ケアについての基本的な診療能力修得をめざします。当院は、医師や看護師、コ・メディカルを含め、病院全体で研修医を育てようという意識を職員が共有しており、疑問点や困ったことがあれば気軽に声をかけられるアットホームな研修環境が特徴です。さらに診療科の垣根がなく、わからない点があれば、他科の指導医や先輩医師に気軽に質問できるのも魅力のひとつです。また、各種学会参加も推奨しており、学会出張費はすべて病院負担。人材育成には予算を惜しまず、院内院外問わず研究発表も積極的に行っています。研修期間中には海外研修も計画されており好評です。さらに、ハンズオンセミナーやレジデントレクチャーなど、各種勉強会も充実。自らの学ぶ意欲を育て、さらに伸ばしていく環境がここにはあります。ぜひ一度病院見学に来ていただき、自分の目で確かめてみてください。志の高い研修医の皆さんをお待ちしております。

    • 研修医佐藤 孝紀
    • 出身大学:福島県立医科大学

    私は当院での研修が始まるときに、毎日というのは現実的に難しいかもしれないけど、月単位でみたらしっかり成長していると実感できる研修にしよう、という目標を掲げました。そして研修も1年が過ぎようとしていますが、ありがたいことに週単位で成長していると感じることができています。まだまだ未熟なので色々と困る場面も多いですが、そんな時は同期や先輩医師、多職種の方々の助けも大いに借りて、楽しく充実した研修を送っています。
     当院の研修の魅力は、多く機会が与えられることです。上級医が「じゃあ先生やってみようか」と様々な場面で言ってくれ、しっかりとフィードバックしてくれます。また、自分でこんなことを学びたい、という希望があれば、上級医はもちろんコメディカルや教育研修センターのスタッフを含めて病院全体でサポートしてくれるため、自分次第でさらにより良い研修を送れると思います。アクセスも良いのでぜひ一度見学してみてはいかがでしょうか。お待ちしております。

    プログラム名を選択してください1件プログラムが登録されています
    ブックマークを行うにはログインが必要です

    気になる病院・研修プログラムはどんどんブックマークして、
    あとから見返して比較したり、必要なときに行動できるようにしておこう!
    このサイト上から資料請求や問合せが可能です。

    まだ民間医局レジナビ会員でない方はこちら