1. TOP
  2. 研修情報を探す
  3. 国家公務員共済組合連合会横浜栄共済病院 横浜栄共済病院 後期臨床研修医 脳神経外科研修プログラム
国家公務員共済組合連合会横浜栄共済病院

市中病院

国家公務員共済組合連合会横浜栄共済病院

よこはまさかえきょうさいびょういん

横浜栄共済病院 後期臨床研修医 脳神経外科研修プログラム

病院の早見表はこちら!

採用関連情報

  • 病院見学実施日

    随時

  • 試験日程

    随時 詳細は、当院ホームページにてご確認下さい。

この研修プログラムの特徴

1) 問診と神経学的所見を正しくとる。
2) 神経疾患の画像診断(X線、CT、MRI、脳血管造影、SPECT、超音波検査など)の読影を習得する。
3) 脳波などの電気生理的検査および解釈を習得する。
4) 脳神経外科診療に関わる検査方法(腰椎穿刺、脳血管造影、脊椎造影など)を習得する。
5) 脳神経外科疾患に対する基本的処置および管理(中心静脈栄養、脳室ドレナージ、腰椎ドレナージ)を行う。
6) 脳神経外科診療に伴う救急処置(血圧管理、呼吸管理、創処置)を行う。
7) 指導医と共に患者を受け持ち、術前・術中・術後管理を行う。
8) 指導医の管理下で穿頭術の技術を習得する。
9) 指導医の管理下でシャント手術の技術を習得する。
10) 指導医の管理下で硬膜外血腫、硬膜下血腫などの外傷および脳内血腫の手術技術を習得する。
11) 指導医の管理下で開頭術に参加し、技術を習得する。
12) 指導医の管理下で脊椎手術に参加し、技術を習得する。
13) 指導医の管理下で血管内治療に参加し、技術を習得する。
14) 診療におけるリスクマネージメントを理解し、実践できる。
15) 初期研修医を指導できる。
16) 研究室で顕微鏡を用い、顕微鏡手術手技の基本を習得する。
17) 脳神経外科地方会ないしは国内・国外での学会で発表を行う。
18) 症例報告あるいは研究成果を論文にまとめて医学雑誌に投稿する。

 脳神経外科では、脳血管障害、脳腫瘍、脊椎・脊髄疾患、頭部外傷、三叉神経、顔面けいれんなどの機能的疾患、水頭症などの手術を必要とする疾患はもとより、脳梗塞、てんかんなども幅広く治療しています。当科の手術件数は、年間300件を超えています。当科では直達手術に加えて、血管内治療も積極的に行い、両者を症例に応じて選択しています。研修でも、直達手術と血管内治療の両方の指導を行っています。脳卒中診療ではSCU6床を完備し、神経内科と協力し24時間対応をしています。MRI、血管造影など緊急を要する診断機器は、24時間稼働可能です。
 当科での研修は、脳神経外科専門医の指導の下、日本脳神経外科学会認定専門医として必要な知識、技術、態度を習得し、専門医資格を得るに足りる経験と実践を積むことを目標とします。金沢大学・脳神経外科、又は横浜市立大学・脳神経外科と協力して研修することにより、短期間に専門医受験資格に必要な症例を経験できます。
 国内外での研修、研究に興味のある人も、経験豊富な先輩からアドバイスが得られます。少しでも脳神経外科に興味のある人は、自分の目で脳神経外科診療の実際を見て、体験することをお勧めします。

研修環境について

責任者
副院長 北村 佳久
責任者の出身大学
金沢大学
専攻医・後期研修医(2016年度時点)
卒後4年次の専攻医・後期研修医数
(女性 0名)


研修修了後の進路
相談に応じます。
関連施設
全国にある国家公務員共済組合連合会各病院に国内留学制度あります。

給与・処遇について

給与
国家公務員共済組合連合会 規程に準ずる
賞与:あり
宿舎・住宅
あり
社会保険
医療保険(協会けんぽ)、厚生年金、労働者災害補償法適用、雇用保険
学会補助
あり
当直回数
月 4~5回程度

病院見学・採用試験について

病院見学
病院見学実施日
随時

見学希望日を記載の上、当院総務課へE-mailにてお申し込みください。(土日、祝日は除く)
試験・採用
試験日程
随時 詳細は、当院ホームページにてご確認下さい。

応募関連
応募書類
事前に電話、又はE-mailにてご連絡ください。

応募連絡先
横浜栄共済病院 総務課
TEL:045-891-2171
E-mailsoumu@yokohamasakae.jp

この病院の見学体験記

ブックマークを行うにはログインが必要です

気になる病院・研修プログラムはどんどんブックマークして、
あとから見返して比較したり、必要なときに行動できるようにしておこう!
このサイト上から資料請求や問合せが可能です。

まだ民間医局レジナビ会員でない方はこちら