日本医科大学千葉北総病院 救命救急センター
  • 大学病院

日本医科大学千葉北総病院 救命救急センター

にほんいかだいがくちばほくそうびょういんきゅうめいきゅうきゅうせんたー

画像 見学体験記 1件
所在地
〒270-1613
千葉県印西市鎌苅1715 大きな地図を見る
Thumb f905db38c706a4b8f880
Thumb 4a9d09111adcbffeb830
救急指定 病床数 医師数
アイコン3次救急 アイコン600床 アイコン208.4名
平均の患者数
外来患者15.0名/日 入院患者8.0名/日 救急車搬送患者10.0名/日 救急外来患者15.0名/日 心肺停止状態
搬送患者
250.0名/年

矢印病院情報どこ見たらいいの?病院情報のチェックポイント

病院情報詳細

運営団体名
学校法人日本医科大学
病院長
清野 精彦
出身大学:日本医科大学
所在地
〒270-1613
千葉県印西市鎌苅1715 大きな地図を見る
TEL
TEL: 0476-99-1111
病院ホームページ
http://hokusohstc.com/アイコン
診療科情報
矢印診療科情報はこちら
主な設備
救急初療室6床(うち観察ベッド4床を含む)
ICU16床、HCU24床、一般病棟30床
学会認定・修練施設等
日本救急医学会専門医認定施設、日本救急医学会指導医認定施設、日本外傷学会専門医認定施設、日本航空医療学会認定施設
病院の特徴
当科は平成11年、千葉県で7番目の救命救急センターとして認可を受けました。今では救急専従医20名(うち救急医学会指導医4名、同専門医15名)を有する施設に成長しました。多くの救命救急センターがER型の施設にシフトする中、我々は三次救急患者をメインターゲットとしています。特に体幹部・四肢外傷においては、救急室での初療から外科治療、集中治療、一般病棟管理を一貫して自施設で診療。入院患者の8割超が外傷によるため「外傷センター」に、ほぼ特化しています。もちろん敗血症や中毒、熱傷などの救急疾患についても当科での一貫管理の対象であり、心血管疾患や脳血管疾患については専門科と協同で診療にあたっております。 千葉県ドクターヘリ基地病院、千葉県基幹災害拠点病院としても活躍している当科は、地域の救急・災害医療の中心的な役割を担っています。また、大学病院としての使命を果たすべく、医学教育・研究活動にも注力し、これからの医学生、臨床研修医、専攻医等の育成に欠かせない、よりプラクティカルな救急医療教育を進めています。また、種々のメーカーとの医工連携による共同研究、様々な集中治療領域の治療評価などを通じて、新しい外傷治療の開発を目指しています。 「常識を超える発想と実行力」こそが、当科の強みであると考えており「Beyond the Theory」を合い言葉に掲げています。常に「あるべき救急・災害医療の姿」を思い描き、診療・教育・研究に邁進してゆきます。

■ 診療科情報

診療科名 病床数 医師数 指導医数 平均外来患者数 平均入院患者数
救急科 55床 20.0名 4.0名 15.0名/日 10.0名/日
日本医科大学千葉北総病院 救命救急センター