1. レジナビTOP
  2. Monthly特集
  3. 放射線腫瘍医と海外でのキャリアについて

Monthly特集|放射線腫瘍医と海外でのキャリアについて

Monthly特集トップへ戻る »

第2回 「トロント大フェロープログラムについて」

筆者プロフィール
内野三菜子
トロント・プリンセスマーガレット病院(トロント大学医学部連携がん専門病院)
放射線腫瘍科臨床フェロー

内野三菜子

1998年東京女子医大卒。
東京医療センターにて外科研修、聖マリアンナ医大放射線科、
埼玉医大放射線腫瘍科を経て2010年1月より現職。
第二回の今回は、カナダ随一、北米全体でも有数のがんセンターの一つである、トロント・プリンセスマーガレット病院での臨床フェローについてお話したいと思います。

臨床フェローのきっかけ

まず最初に、私が現在の臨床フェローをすることになったきっかけは全くの偶然でした。

前回述べた学生・研修医対象の勉強会のプログラム作成に携わり、その方法論についてさらに勉強を深めたいと考え、勉強の場を広く世界に求めた結果が現在のプリンセスマーガレット病院での臨床フェローなのですが、具体的なスタートは「Radiation Oncology」と「Medical Education」の二つの単語をGoogleで並べて入力したことでした。

現在の直属の上司Dr.Cattonと現在の直属の上司Dr.Cattonと
Medical Education Research Fellowshipと題されたフェローシップの中身に興味を持ち、その場に書いてある連絡先に、自分が現在日本でプログラム作成を担当していること、ウェブサイトの内容に強い関心があり、具体的な内容を知りたいことをメールしたところ、即、メールの返事が来て、そこには自分のやっている内容と比較的近いことが記されていました。
夏休みを利用して直接先方の教授(=現在の直属の上司)を訪ね、話をした際に、臨床フェローをやりながら研究の一環としてトロント大学の大学院修士課程で教育学の理論を学びつつ研究をする、というコースを勧められ、現在に至っています。

プリンセスマーガレット病院での勤務

プリンセスマーガレット病院はいわゆる「大学“付属”病院」ではなく独立したがんセンターですが、日本でいうところの「大学病院」に相当するトロント大学と提携する「University Health Network(以下UHN)」という病院群の中のがん部門として位置しており、スタッフはトロント大学医学部の放射線腫瘍科教員として兼任しています。

UHNにはがん専門病院であるプリンセスマーガレット病院(Princess Margaret Hospital:PMH)のほか、トロント総合病院(Toronto General Hospital:TGH)、トロント小児病院(Sick Children’s Hospital)、トロント西部病院(Toronto Western Hospital:TWH)が含まれ、卒後臨床教育機関としてトロント大学での研究活動と強力に連携しています。

UHNに所属するレジデントやフェローがトロント大学の研究リソースを使って研究活動に貢献することは強く推奨されています。放射線腫瘍科でもBasic Researchの研究室に所属して修士をとりながら臨床フェローをするコースもあり、むしろそちらのコースを選択する人のほうが多く、これまで教育学の修士を選択しているのは私の前にはレジデントが一人、フェローでは私が初めてです。

このUHNフェローはもちろん放射線腫瘍科に限らず全科が揃っており、教育学の修士課程でもクラスメイトには産婦人科医、ER医、泌尿器科医、外科医などがおりました。
ただし、この大学院での修士課程とフェローのプログラムは独立しており、大学院は他の一般の修士課程希望者と同じ合格基準を満たさなくてはならず、大学院に合格したから確実にフェローのプログラムに入れるわけでも、その逆でもありません。

フェロー選考について

日本人フェローも心臓外科、脳神経外科、小児科、集中治療科、整形外科、神経内科などに何人か所属しています。オンタリオ州の場合、日本の医学部を卒業し、日本の医師免許と専門医資格を有していれば、International Medical Graduateの臨床フェローとして最長3年間、特段USMLEなどの医学試験を経ず日本の医師免許のままで臨床業務に従事することができます。

院内にて打ち合わせの様子多様なバックグラウンドのスタッフと働くのは海外ならではの経験です

診察に際しては医師損害賠償保険への加入が義務付けられ、スタッフドクターとして診察人数に応じた診療報酬を得ることや開業は不可能です。このフェロー選考に関しては、英語を母国語としない臨床フェローにはTOEFLで一定のスコアを満たすことが課されます。

また、労働者保護の観点から、オンタリオ州のフェローは科内は一律一定の金額で雇うことが雇用主(=各科)に義務付けられており、「無給でいいから見学だけ」は原則不可ですが、しかるべき奨学金などのサポートがある場合には、書類審査を経て差額のみを給与とできる場合もあります。フェローの給料はUHN本体への寄付金をはじめ、各種学術団体や企業からのグラントを財源としているため、採用人数は景気の状況によって左右されることも十分にあります。

アプリケーションの問い合わせ先はUniversity of Toronto, Faculty of MedicineのPost-graduate medical educationのFellowshipのところから各科のリンクへつながります。専門医資格を持っている事が前提にはなりますが、該当科には積極的に問い合わせてみるのも一案かと思われます。

  • 福岡県
  • 二次募集特集

注目の病院情報

北里大学病院 循環器内科
神奈川県
専門・後期

北里大学病院 循環器内科

我々北里大学病院循環器内科は、神奈川県で唯一の植え込み型補助人工心臓認定施設です。診療は、虚血…

兵庫県立尼崎総合医療センター
兵庫県
初期 専門・後期

兵庫県立尼崎総合医療センター

県立尼崎病院と県立塚口病院が統合し、平成27年7月に開院。730床(重症系145床)、42診療…

日本赤十字社 和歌山医療センター
和歌山県
初期 専門・後期

日本赤十字社 和歌山医療センター

日本赤十字社和歌山医療センターは地域の基幹病院としての役割を果たすべく、並びに高度先進医療に対…

広島市立安佐市民病院
広島県
初期 専門・後期

広島市立安佐市民病院

当院は広島北部から島根県南部の病院および診療所、救急隊と密接な診療提携を行う地域の中核総合病院…

徳島県鳴門病院
徳島県
初期

徳島県鳴門病院

鳴門病院は、昭和28年開設以来の長い歴史を持つとともに、平成25年4月1日には、徳島県を設立団…

新行橋病院
福岡県
初期

新行橋病院

当院は、地域住民の皆様の強い要望により、平成9年12月に149床の救急病院として開院しました。…

田川市立病院
福岡県
初期

田川市立病院

【当院における研修の特徴】1)マンツーマン指導 当院は中規模病院であり臨床研修医枠も多くはあり…

熊本赤十字病院
熊本県
初期 専門・後期

熊本赤十字病院

<救急医療>当院は、県の救急医療の拠点として365日、24時間、1次から3次まであらゆる疾患の…

見学会・説明会情報

最新!医学生・研修医採用情報

知っておいて損はなし!採用情報

愛媛県臨床研修病院群

水戸済生会総合病院

福岡県

牛久愛和総合病院

高知県

鳥取県

専門研修特集 救急科