2016年 レジナビフェア

2016年レジナビフェア2016年レジナビフェア

2016年レジナビフェアに出展する施設やグループを特別にご紹介!新しい発見、新たな出会いがきっとあるはず♪

宮崎県臨床研修病院群

出展会場

  • 福岡

    開催日36(日)

    ブースNoF-2

  • 大阪

    開催日73(日)

    ブースNoD-17

  • 東京(夏)

    開催日717(日)

    ブースNoB-16

さあ、みやざきではじめよう!

多様な研修プログラムで自己開拓
・宮崎県での臨床研修の特長
宮崎県内の基幹型臨床研修病院は6つ。全国的にもけっして多い数ではないですが、大学病院と県立3病院と2つの民間病院からなる基幹型病院が相互にしっかり連携し、大病院でしか学べない症例、あるいは地域でしか学べない臨床医療の現場など、その両方を経験できるところが宮崎県での臨床研修の特長です。
研修プログラムも多様で、たとえば、宮崎大学では、研修医本人が希望する地域エリアや協力病院を選んで研修に臨むことができ、自由度の高いオーダーメイドのローテーションプランを組むこともできます。その分、医学生時代から自らの将来を見据えた高い意識が必要です。
自ら考え、どんな状況にあっても自発的に対応できるような足腰の強い医師として育っていくために、県内の医療教育資源をフル活用して、さらなる研修プログラムの進化を目指しています。 また、県をあげて研修プログラムへの意識改革が進み、熱意ある指導医が各地の病院で増えていっているのも魅力の一つです。おおらかな風土の中で、研修医同士も自然と仲が良くなり、苦楽をともにした一生付き合える仲間も見つかることでしょう。
ニーズに対応できるお医者さんに
・キャリアパスについて
そもそも専門医と総合医は対立するものではありません。医師のキャリアが40年だとして、はじめの10年程度は、両方がどんな立場を担っていくかを行ったり来たりしながら、両方に求められている素養を身につけていく、両方学んでいくことが大事です。
多様な医療の場の経験、その中で様々な指導医との出会いが、生涯医師を続ける上での糧となるはずです。