初期研修について

  • 初期研修プログラム
  • 初期研修医に聞いてみた! インタビューを見る

初期研修プログラムの目標 初期研修プログラムの目標

臨床研修の基本理念である「医師が、医師としての人格をかん養し、将来専門とする分野にかかわらず、医学及び医療の果たすべき社会的役割を認識しつつ、一般的な診療において頻繁に関わる負傷又は疾病に適切に対応できるよう、基本的な診療能力を身につける」に基づき、到達目標並びに経験すべき症候、疾病、病態などを達成することが、初期研修プログラムの目標です。

初期研修修了後、専攻医(助教)として、本人の将来設計を基に、プログラムに従って、より高度で専門的な診療能力の研鑽を積み、専門医資格の取得が可能です。
また、診療科の専門医員として研究を行い、学位論文を発表して、博士号(医学)を取得することも可能で、社会人大学院制度も整っています。

3つの臨床研修プログラム 3つの臨床研修プログラム

3つのプログラムは埼玉医科大学国際医療センターの研修管理委員会の下で一括して管理・運営されるため、すべての研修医に公平で充実した臨床研修が提供されます。また、どのプログラムも専門研修に連動できるように、本学3病院や関連施設と密な連携をとったプログラムです。

当院は超近代的設備と各分野の著名な教授陣を配しており、現在ではほぼすべての診療科において臨床実績が日本のトップ20に入っており、さらに未来の医療を目指して職員全員が努力・邁進をしています。こういった雰囲気を味わいたい方は国際医療センターに籍を置くことをお勧めします。

3つのプログラム
ローテーション実例

3病院自由選択
プログラム

研究マインド育成
自由選択プログラム

特設外科系
プログラム

  • 3つのプログラム
    ローテーション実例

    • 3病院自由選択プログラムAさんの場合

      3病院自由選択プログラム

      ※協)・・・協力型臨床研修病院

      男性医師

      研修医の人数もちょうど良くて症例も取り合いにならず、自分の思い描いたローテーションを実現できるのでこのプログラムを選びました。埼玉医科大学3病院だけでなく、初期研修先として人気の病院でも研修できるのは魅力です。将来を決めかねていても、いろいろな病院・診療科で研修できるし、何度も回れるのでお薦めです。

    • 研究マインド自由選択プログラムBさんの場合

      研究マインド自由選択プログラム

      ※協)・・・協力型臨床研修病院

      女性医師

      思っている以上に、研修先の先生方が配慮してくださるので、臨床研修も大学院も両立できています。
      1年目の夏に指導教官と方向性を決め、実験器具の使い方などを学び、少しずつ実験を開始しました。必修分野や到達目標を達成させ、2年目後半は固定の診療科にしました。3年目の終わりまでに論文を投稿して、4年目の12月までにJournalに掲載されれば、3月に学位を取得できる予定です。

    • 特設外科系プログラムCさんの場合

      特設外科系プログラム

      ※協)・・・協力型臨床研修病院

      男性医師

      臨床研修の必修分野、到達目標を確実に達成させながら、専門研修を見据えて「外科」を中心としたローテーションを組みました。初期研修中に経験した症例で専門研修開始後に学会発表を行えるようにしてくださるなど、専門研修との連動性が確保されているのがとても魅力です。

    • 3病院自由選択プログラム
      Aさんの場合

      3病院自由選択プログラム

      ※協)・・・協力型臨床研修病院

      男性医師

      研修医の人数もちょうど良くて症例も取り合いにならず、自分の思い描いたローテーションを実現できるのでこのプログラムを選びました。埼玉医科大学3病院だけでなく、初期研修先として人気の病院でも研修できるのは魅力です。将来を決めかねていても、いろいろな病院・診療科で研修できるし、何度も回れるのでお薦めです。

    • 研究マインド自由選択プログラム
      Bさんの場合

      研究マインド自由選択プログラム

      ※協)・・・協力型臨床研修病院

      女性医師

      思っている以上に、研修先の先生方が配慮してくださるので、臨床研修も大学院も両立できています。
      1年目の夏に指導教官と方向性を決め、実験器具の使い方などを学び、少しずつ実験を開始しました。必修分野や到達目標を達成させ、2年目後半は固定の診療科にしました。3年目の終わりまでに論文を投稿して、4年目の12月までにJournalに掲載されれば、3月に学位を取得できる予定です。

    • 特設外科系プログラム
      Cさんの場合

      特設外科系プログラム

      ※協)・・・協力型臨床研修病院

      男性医師

      臨床研修の必修分野、到達目標を確実に達成させながら、専門研修を見据えて「外科」を中心としたローテーションを組みました。初期研修中に経験した症例で専門研修開始後に学会発表を行えるようにしてくださるなど、専門研修との連動性が確保されているのがとても魅力です。

    • 3病院自由選択プログラム
      Aさんの場合

      3病院自由選択プログラム

      ※協)・・・協力型臨床研修病院

      男性医師

      研修医の人数もちょうど良くて症例も取り合いにならず、自分の思い描いたローテーションを実現できるのでこのプログラムを選びました。埼玉医科大学3病院だけでなく、初期研修先として人気の病院でも研修できるのは魅力です。将来を決めかねていても、いろいろな病院・診療科で研修できるし、何度も回れるのでお薦めです。

    • 3病院自由選択プログラムの特徴

      到達目標の達成を念頭に置きながら、 研修医の自主性に任せた、 もっとも自由度の高いプログラムとなっており、1番人気のプログラムです。

      3病院自由選択プログラムの特徴

      *導入:当院でオリエンテーションを兼ねて研修を行う。

      *内科:24週以上の研修とする。

      *救急:12週以上の研修とする。麻酔科4週(上限)、救急の組み合わせ研修も可能とする。

      *外科・産婦人科・小児科・精神科:4週以上の研修とする。

      *地域医療:8週以上(一般外来研修4週含む)の研修とする。

      *自由選択:当院並びに協力型臨床研修病院、臨床研修協力施設より選択できる。
      2年次の最後の4週は当院で研修とする。

      *臨床研修協力施設での研修は2年次以降とする。

      *2年間の研修期間のうち、基幹型臨床研修病院での研修は52週以上とする。
      なお、地域医療や保険・医療行政での研修期間12週を上限に、基幹型臨床研修病院での研修とみなすものとする。

    • 研究マインド育成自由選択プログラム
      Bさんの場合

      研究マインド育成自由選択プログラム

      ※協)・・・協力型臨床研修病院

      女性医師

      思っている以上に、研修先の先生方が配慮してくださるので、臨床研修も大学院も両立できています。
      1年目の夏に指導教官と方向性を決め、実験器具の使い方などを学び、少しずつ実験を開始しました。必修分野や到達目標を達成させ、2年目後半は固定の診療科にしました。3年目の終わりまでに論文を投稿して、4年目の12月までにJournalに掲載されれば、3月に学位を取得できる予定です。

    • 研究マインド自由選択プログラムの特徴

      臨床研修と大学院を同時期に学べるもので、内容は埼玉医科大学3病院自由選択プログラムと同じですが、研修開始時には大学院の入学試験に合格しておく必要があります。ただし、臨床研修が優先されるため、 大学院の講義については夜間開講の中継講義や、eラーニングなどを利用することになります。

      研究マインド自由選択プログラムの特徴

      *導入:当院でオリエンテーションを兼ねて研修を行う。

      *内科:24週以上の研修とする。

      *救急:12週以上の研修とする。麻酔科4週(上限)、救急の組み合わせ研修も可能とする。

      *外科・産婦人科・小児科・精神科:4週以上の研修とする。

      *地域医療:8週以上(一般外来研修4週含む)の研修とする。

      *自由選択:当院並びに協力型臨床研修病院、臨床研修協力施設より選択できる。
      2年次の最後の4週は当院で研修とする。

      *臨床研修協力施設での研修は2年次以降とする。

      *2年間の研修期間のうち、基幹型臨床研修病院での研修は52週以上とする。
      なお、地域医療や保険・医療行政での研修期間12週を上限に、基幹型臨床研修病院での研修とみなすものとする。

    • 特設外科系プログラム
      Cさんの場合

      特設外科系プログラム

      ※協)・・・協力型臨床研修病院

      男性医師

      臨床研修の必修分野、到達目標を確実に達成させながら、専門研修を見据えて「外科」を中心としたローテーションを組みました。初期研修中に経験した症例で専門研修開始後に学会発表を行えるようにしてくださるなど、専門研修との連動性が確保されているのがとても魅力です。

    • 特設外科系プログラムの特徴

      多彩な症例を通じて多くの手術症例を経験し、手技を積極的に学び、適切な判断ができる外科系医師を育成することを第1の目標とし、外科の手術件数、救急症例が豊富な診療科において、各分野での第一人者が指導にあたります。希望により最短期間で外科専門医を取得できるよう、プログラム責任者と相談のうえ研修先を調整し、専門研修へ優先的に移行でき、その先は各専門領域の専門医取得が次の目標となります。

      特設外科系プログラムの特徴

      *導入:当院でオリエンテーションを兼ねて研修を行う。

      *内科:24週以上の研修とする。

      *救急:12週以上の研修とする。麻酔科4週(上限)、救急の組み合わせ研修も可能とする。

      *外科:8週以上の研修とする。

      *産婦人科・小児科・精神科:4週以上の研修とする。

      *地域医療:8週以上(一般外来研修4週含む)の研修とする。

      *自由選択:当院並びに協力型臨床研修病院、臨床研修協力施設より選択できる。
      2年次の最後の4週は当院で研修とする。

      *臨床研修協力施設での研修は2年次以降とする。

      *2年間の研修期間のうち、基幹型臨床研修病院での研修は52週以上とする。
      なお、地域医療や保険・医療行政での研修期間12週を上限に、基幹型臨床研修病院での研修とみなすものとする。

  • 3病院自由選択
    プログラム

    • 3病院自由選択プログラムAさんの場合

      3病院自由選択プログラム

      ※協)・・・協力型臨床研修病院

      男性医師

      研修医の人数もちょうど良くて症例も取り合いにならず、自分の思い描いたローテーションを実現できるのでこのプログラムを選びました。埼玉医科大学3病院だけでなく、初期研修先として人気の病院でも研修できるのは魅力です。将来を決めかねていても、いろいろな病院・診療科で研修できるし、何度も回れるのでお薦めです。

    • 3病院自由選択プログラムの特徴

      到達目標の達成を念頭に置きながら、 研修医の自主性に任せた、 もっとも自由度の高いプログラムとなっており、1番人気のプログラムです。

      3病院自由選択プログラムの特徴

      *導入:当院でオリエンテーションを兼ねて研修を行う。

      *内科:24週以上の研修とする。

      *救急:12週以上の研修とする。麻酔科4週(上限)、救急の組み合わせ研修も可能とする。

      *外科・産婦人科・小児科・精神科:4週以上の研修とする。

      *地域医療:8週以上(一般外来研修4週含む)の研修とする。

      *自由選択:当院並びに協力型臨床研修病院、臨床研修協力施設より選択できる。
      2年次の最後の4週は当院で研修とする。

      *臨床研修協力施設での研修は2年次以降とする。

      *2年間の研修期間のうち、基幹型臨床研修病院での研修は52週以上とする。
      なお、地域医療や保険・医療行政での研修期間12週を上限に、基幹型臨床研修病院での研修とみなすものとする。

  • 研究マインド育成自由選択
    プログラム

    • 研究マインド育成自由選択プログラムBさんの場合

      研究マインド育成自由選択プログラム

      ※協)・・・協力型臨床研修病院

      女性医師

      思っている以上に、研修先の先生方が配慮してくださるので、臨床研修も大学院も両立できています。
      1年目の夏に指導教官と方向性を決め、実験器具の使い方などを学び、少しずつ実験を開始しました。必修分野や到達目標を達成させ、2年目後半は固定の診療科にしました。3年目の終わりまでに論文を投稿して、4年目の12月までにJournalに掲載されれば、3月に学位を取得できる予定です。

    • 研究マインド自由選択プログラムの特徴

      臨床研修と大学院を同時期に学べるもので、内容は埼玉医科大学3病院自由選択プログラムと同じですが、研修開始時には大学院の入学試験に合格しておく必要があります。ただし、臨床研修が優先されるため、 大学院の講義については夜間開講の中継講義や、eラーニングなどを利用することになります。

      研究マインド自由選択プログラムの特徴

      *導入:当院でオリエンテーションを兼ねて研修を行う。

      *内科:24週以上の研修とする。

      *救急:12週以上の研修とする。麻酔科4週(上限)、救急の組み合わせ研修も可能とする。

      *外科・産婦人科・小児科・精神科:4週以上の研修とする。

      *地域医療:8週以上(一般外来研修4週含む)の研修とする。

      *自由選択:当院並びに協力型臨床研修病院、臨床研修協力施設より選択できる。
      2年次の最後の4週は当院で研修とする。

      *臨床研修協力施設での研修は2年次以降とする。

      *2年間の研修期間のうち、基幹型臨床研修病院での研修は52週以上とする。
      なお、地域医療や保険・医療行政での研修期間12週を上限に、基幹型臨床研修病院での研修とみなすものとする。

  • 特設外科系
    プログラム

    • 特設外科系プログラムCさんの場合

      特設外科系プログラム

      ※協)・・・協力型臨床研修病院

      男性医師

      臨床研修の必修分野、到達目標を確実に達成させながら、専門研修を見据えて「外科」を中心としたローテーションを組みました。初期研修中に経験した症例で専門研修開始後に学会発表を行えるようにしてくださるなど、専門研修との連動性が確保されているのがとても魅力です。

    • 特設外科系プログラムの特徴

      多彩な症例を通じて多くの手術症例を経験し、手技を積極的に学び、適切な判断ができる外科系医師を育成することを第1の目標とし、外科の手術件数、救急症例が豊富な診療科において、各分野での第一人者が指導にあたります。希望により最短期間で外科専門医を取得できるよう、プログラム責任者と相談のうえ研修先を調整し、専門研修へ優先的に移行でき、その先は各専門領域の専門医取得が次の目標となります。

      特設外科系プログラムの特徴

      *導入:当院でオリエンテーションを兼ねて研修を行う。

      *内科:24週以上の研修とする。

      *救急:12週以上の研修とする。麻酔科4週(上限)、救急の組み合わせ研修も可能とする。

      *外科:8週以上の研修とする。

      *産婦人科・小児科・精神科:4週以上の研修とする。

      *地域医療:8週以上(一般外来研修4週含む)の研修とする。

      *自由選択:当院並びに協力型臨床研修病院、臨床研修協力施設より選択できる。
      2年次の最後の4週は当院で研修とする。

      *臨床研修協力施設での研修は2年次以降とする。

      *2年間の研修期間のうち、基幹型臨床研修病院での研修は52週以上とする。
      なお、地域医療や保険・医療行政での研修期間12週を上限に、基幹型臨床研修病院での研修とみなすものとする。

当院で働く魅力 当院で働く魅力 ― 先輩医師に聞いてみました ―

  • 埼玉医科大学国際医療センター 初期研修医林 眞有 先生

    当院との出会い

    私は埼玉医科大学の出身で、大学3年生の看護業務体験を当院で行いました。当時はまだできて日が浅かったこともあり、とてもきれいな病院、何より、最先端な病院という印象を持ちました。

    初期研修先を選ぶ際、当初は都内の大学病院を主に検討していました。いろいろな病院を見学するうちに、「あれ?うちの大学病院の方がいいかもしれない」と思うようになり、最終的に残ることを決めました。外から見て何かカッコいいかもしれないと思う印象と、実際に見学へ行って自分の目で見て、人と話して感じる印象は違うので、見学はとても大事だと思いました。
    都内の大学病院は、研修医がたくさんいて手技経験もなかなかまわってこなかったり、先生とのコミュニケーションも少ないと感じました。一方で、当院は研修医の人数が10人前後(1学年)ということもあり、濃い指導が受けられると思いました。
    埼玉医科大学は、埼玉医科大学病院、埼玉医科大学国際医療センター、埼玉医科大学総合医療センターの3つの大学病院がありますが、自分に負荷を掛けたいと思い、3次救急をやっている当院を選びました。

  • 現在までの研修を振り返って

    初期研修2年目ですが、よいのかな?と思うくらいさまざまな手技を経験できます。心臓内科では、指導医のもと、カテーテルを用いた診断まで実施しています。私だけでなく研修医が“経験を積みたい”という意思をきちんと示せば、できるところまで任せてもらえます。研修医が行うと処置が遅くなることも多いのですが、忙しい中でもそのスタンスは変わりません。

    手技で言えば、腰椎穿刺(ルンバール)はもちろん、救急での挿管やオペの前立ちなど、しっかりと経験させてもらいました。救急では、まず指導医が患者さんの状態を確認して、緊急性がないようであれば研修医が担当できます。何回かトライしてできなかったら指導医がフォローしてくれる体制で、主体的に処置をしています。麻酔科などは毎日挿管があるので、研修医は初期研修期間にどんどん上達していきます。

    質問や相談はしやすく、忙しくても嫌な顔をせずに教えてくれます。指導医はみんな研修医を育てようと想ってくれているので、時には強く言われることもありますが、理にかなっていると感じます。例えば、質問の仕方ひとつでも、自分の答えを持って質問するのであれば、先生方はいろいろと教えてくれます。しかし、ただ単にこれは何ですか?これはどうしますか?というような質問の仕方をすると、君の考えはどうなの?と逆に質問をされます。医師としての考える力を養うような指導の繰り返しのおかげで、まずは自分で考え、自分の中に答えが用意できてから質問するという癖がつきました。自分の持っている考えに対して、ここはこうした方がいいとアドバイスをいただけ、そのような普段のやり取りの中で自然と学ばせてくれるところがすごくよいと思います。

    また、外にいると見えにくいのですが、科と科のつながりがすごく強いことも当院の魅力の一つだと思います。
    コンサルトもしやすいですし、ちょっとしたことでも相談できます。初期研修中に科が変わると上級医の先生が必ず研修医の歓迎会を開いてくれます。そういう場では病院で見れない顔を知ることができます。余暇にサーフィンをする先生がいたり、みんなでフットサルをやっていたりと、パワフルですごいなと思います。

  • 自身の目標、展望

    初期研修を受けるうちに、せっかく医師になったのだから、専門医資格をとってパッションを持ってできる仕事がしたいと思うようになりました。
    将来的には心臓内科の専門医資格を取得したいので、専門研修は当院の内科(心臓内科)を考えています。最先端の医療がいろいろと学べる環境で技術や考えを学べば、どこへ行っても困らないと思います。
    当面の間は、現場の最前線で医療に携わりたいと思います。